新潟直送計画からのお知らせ

ヤマト運輸の置き配サービス開始に関するお知らせ(5月23日)

五泉市でエゴマを栽培している農家。エゴマオイルやエゴマを使ったお菓子などの開発、販売を手掛ける。またエゴマが味わえるカフェも運営し、その魅力を発信している。

川上農園 農園に併設しているカフェ

自然豊かな五泉市でエゴマを栽培

五泉市と田上町を結ぶ大沢峠。道路沿いは山に囲まれ、緑豊かな自然が広がっている。このエリアの五泉市側にある川上農園は、エゴマ栽培を手掛ける農家。代表の川上政行さんと妻・道枝さんの二人で営んでいる。農園を始めたきっかけは2006年ごろ。政行さんが、当時勤めていた会社でエゴマと出会い、自宅での栽培を始めた。その後「自分で本格的に農家をやろう」と、自宅に作業所を増設、搾油機を購入して、栽培に乗り出した。現在もエゴマを農薬を使わずに栽培し、エゴマオイルの製造、エゴマを使った商品開発など一貫して行う。「エゴマは体に良いものだから、手作りのほうが、より温かみがあると思うんです」と手作りにこだわる。収穫した種は、水に汚れがなくなるまで丁寧に洗い、乾燥。種についた細かいゴミをピンセットで取り除くなど、心を込めて製造している。こうして出来たエゴマオイルには、「健康になってもらいたい」という川上さん夫婦の思いが詰まっている。

商品開発にカフェ直営、魅力を広める

「エゴマは体に良いものだから、もっと多くの人に知ってもらいたい」と口をそろえる川上さん夫婦。普及のため政行さんは、「えごま生キャラメル」を考案した。ミルキーな風味とエゴマの香ばしさ、そして粒々の食感が好評だ。この他にも、種を煎って作ったふりかけや、葉を乾燥させたお茶、葉っぱのパウダーを混ぜたそうめんなどを開発している。こうしたエゴマ商品やエゴマを使った料理を味わってもらおうと、2013年、自宅の向かいに「農家カフェ 木の香」をオープン。エゴマパウダーを混ぜ込んだパスタやデザートなどを振る舞っている。近年の健康ブームで、エゴマにも注目が集まり、県内外にもエゴマ栽培を始める人が増えてきていることを喜ぶ川上さん夫婦。「エゴマの作り手がもっと増えて、エゴマが広まってほしい」と力を込める。これからも、夫婦二人でエゴマの魅力を広めていく。

  • 川上農園
  • 川上農園
  • 川上農園
  • 川上農園

生産者紹介

代表:川上政行
代表川上政行

東京都出身。農作業に憧れ、40代で妻・道枝さんの実家がある五泉市に移り住んだ。50代のころ、当時勤めていた会社でエゴマと出会い、自宅での栽培を始めた。道枝さんと協力しながら、栽培から収穫、販売までほとんどの工程を手作業で行っている。「健康にいいエゴマオイルを広めたい」と、エゴマの生キャラメルを開発。この他にもふりかけや麺類に混ぜるパウダー、絞りカスを餌にした鶏の卵など、さまざまな商品開発に取り組んでいる。近年はエゴマへの注目が高まり、栽培方法を尋ねる人が増えてきたと川上さん夫婦は喜ぶ。二人は「エゴマを栽培する人がもっと増えていってほしいですね」と、さらにエゴマの輪が広がることを願っている。

店舗詳細

店舗名称 川上農園
住所 新潟県五泉市刈羽丙714-3