新潟直送計画からのお知らせ

大雪や荒天にともなうお届け遅延の可能性について(1月7日)

「甘味処 餡庵」は、1919年(大正8年)創業の老舗あんこ屋「いろはや製餡所」の工場直営喫茶店。出来たてのあんこを使った和スイーツやパフェが人気を集める。

いろはや製餡所 甘味処餡庵 「お客様の声」を聞き、新商品の開発に活かす

素材の味を大切に。100年以上愛されてきた製餡所

いろはや製餡所は、1919年(大正8年)創業の老舗あんこ屋。柏崎市唯一の製餡所として、地域の和菓子店に上質な「生あん」を提供している。こだわりは、「素材本来の味を活かすこと」と、「職人の手で手作りすること」。近年注目の集まる「食の安全」にも配慮しつつ、昔ながらの餡づくりを大切にしている。原料に使用するのは、高品質な「北海道産小豆」。特に、品質が安定するものを選んでいるという。それは、餡づくりがとても繊細なため。作る上でも、温度・湿度によって「仕上がり」が大きく変化してしまう。「とにかく丁寧に作らないと、お菓子の味が変わってしまうんです」と、4代目の小田さん。季節に合わせて、作り方を細かく調整することで、「地域の和菓子店の味」を守っているのだ。

製餡所と地域の新しいつながり「甘味処 餡庵」

地域の老舗あんこ屋として、100年以上の歴史を持つ「いろはや製餡所」は、1986年(昭和61年)に「甘味処 餡庵」をオープンした。開店のきっかけは、「水ようかんは、あんこ屋が作ったものが一番美味しい」という、和菓子店からもらったアドバイス。時代に合わせて事業を変えていく必要があると考えていたことと重なり、自社商品の販売場所として甘味喫茶の設立を決意した。店頭には、その後も開発をつづけた「水ようかん」「あん衣」「あんこジャム」などが並んでいる。カフェメニューでは、季節のフルーツを使ったパフェや、定番の抹茶パフェが人気。平日は常連客や近くの高校生が多いそうで、地域の憩いの場となっていることが伺える。さらに、SNSで評判になっていることから、土曜日は遠方から訪れる人も多いという。「新しい時代のあんこ屋」として、愛されていると言えよう。

  • いろはや製餡所 甘味処餡庵
  • いろはや製餡所 甘味処餡庵
  • いろはや製餡所 甘味処餡庵
  • いろはや製餡所 甘味処餡庵

生産者紹介

4代目:小田剛志
4代目小田剛志

柏崎市出身。大正時代に創業した老舗あんこ屋「いろはや製餡所」に生まれる。現在は、4代目当主として、餡の製造と配達を担当。自ら手がけたものを、自ら和菓子店に持っていくことで、「顧客の声」を取り入れた製造ができるという。この考えは、直営店「甘味処 餡庵」においても同様。自社商品の「水ようかん」や「あん衣」なども、自ら製造に携わっており、訪れた人の声を聞きながら、新たな商品開発に励んでいる。そんな中で生まれた商品が「あんこジャム」。和菓子の消費が落ち込み、パン食が広がった中で、「あんこを身近に感じてほしい」という想いから誕生した。濃厚で上品なあんこの風味がパンに合うとして、販売直後から高い人気を集めている。

店舗詳細

店舗名称 いろはや製餡所 甘味処餡庵
住所 新潟県柏崎市東本町1-2-31
アクセス