新潟直送計画からのお知らせ

姉妹サイト「山形直送計画」オープンのお知らせ

米どころ新潟において、なんと「キウイフルーツ」を栽培する組合。さらに、「農薬・化学肥料を使わない栽培」にこだわり、40年以上も実践しつづけている。

荒川園芸組合 植えた直後から農薬・化学肥料を使わず育ててきた果樹

村上市の豊かな自然を活かした栽培

新潟県北部の村上市には、「荒川」という清流が流れている。その水は、山形県との堺になっている深い山々から注ぎ、清らかで透き通るように美しい。さらに、ミネラルが豊富で、多種多様な生き物が暮らしている。人にとっても、豊かな水源・良い漁場であり、かつて城下町であった「村上」の生活・文化を支えてきた。まさに「地域の宝」とも言える荒川と、一帯の豊かな自然を後世につなぐべく、「自然に合わせた農業」に取り組んでいるのが「荒川園芸組合」だ。この組合が実践しているのは、「農薬や化学肥料を使わない栽培」。この作り方にこだわりつづけ、驚くことに、40年以上も農作物を育ててきた実績がある。取り扱うのは、なんと「キウイフルーツ」。新潟ではなかなか栽培されていないことに加え、農薬・化学肥料を使用していないとあって、大きな評判となっている。

どんなに労力がかかっても化学物質に頼らない!

荒川園芸組合の実践するキウイフルーツ栽培は、「農薬・化学肥料を使わないこと」が特徴。一言で言ってしまえば簡単だが、そこには地道で多大な労力がかかっている。まず、肥料は自作。自家製米の米ぬかや、剪定枝から作った炭、油かすなどを混ぜ合わせ、有機質の肥料を作り上げる。さらに、除草剤・防虫剤などを使わないため、こまめに手入れする必要がある。また、こだわりは収穫後まで徹底し、「追熟」を早めるために使われる化学物質のエチレンガスも使わない。保管庫の室温と湿度を丁寧に管理し、2週間もかけてじっくりと熟成させる。荒川園芸組合のキウイフルーツは、まさに「薬剤知らず」の「ピュアなキウイ」として育てられるのだ。その味わいは、甘味と酸味のバランスが絶妙。緻密な果肉で、やわらかな食感が人気を呼んでいる。「小ぶり・形が良くないなど、市販するには難しいこともありますが、ぜひ一度食べていただきたい美味しさです」と生産者の遠山さんは笑顔で語ってくれた。

  • 荒川園芸組合
  • 荒川園芸組合
  • 荒川園芸組合
  • 荒川園芸組合

生産者紹介

代表:遠山恵美子
代表遠山恵美子

村上市出身。もともとは、農業に携わっていない主婦だったが、荒川園芸組合の設立と同時に就農。現在は、なんと40年以上もの栽培経験を持つベテラン農家だ。「食の安全」に対して人一倍にこだわりが強く、組合員が高齢化・引退していく中でも、「農薬・化学肥料を使わない栽培」を譲らず実践しつづけてきた。また、販売についても携わり、地域の中で「荒川園芸組合のキウイフルーツ」の良さをPRしてきた。「小ぶり・形が良くないなど、市販するには難しいこともありますが、ぜひ一度食べていただきたい美味しさです」と遠山さん。そのキウイには、地域・食べる人への想いが詰まっている。

店舗詳細

店舗名称 荒川園芸組合
住所 新潟県村上市金屋2742
アクセス