TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2018年度年末年始の営業スケジュールについて

阿賀町の食材を使ったジェラートを提供するRefeli~れふぇり~。山菜や糀、酒など季節に合わせた素材を使用し、年齢問わず楽しめる旬の美味しさが人気です。

Refeli~れふぇり~ 阿賀町の魅力を全国へ発信するジェラート店

阿賀町の小さなジェラート屋さん

東蒲原郡阿賀町、阿賀野川や麒麟山など大自然に囲まれた土地で、ジェラートの製造・販売を行うRefeli~れふぇり~。代表の石川さんによって2017年に開店されて以後、阿賀町の魅力ある食材をふんだんに使った、素材の味を楽しめるジェラートを提供している。店舗の横には地産の新鮮な農作物を販売する直売所があり、買い物についてきた子どもたちが、ジェラートを食べながら親を待つという光景が定番となっているようだ。地元の人たちだけではなく、関東や北海道からもお客さんが訪れる隠れた人気店でもある。Refeli~れふぇり~のジェラートは、地域の子どもや、3時のおやつとして食べにくるシニア世代、遠くから遊びにくる若いカップルなど、どんな年代の人でも美味しく食べられるジェラートだ。

魅力たっぷり!阿賀町の食材をふんだんに使用!

Refeli~れふぇり~のこだわりは、「阿賀町の食材を使うこと」。阿賀町の特産品であるエゴマや、緑豊かな山で採れる山菜、阿賀町の名酒蔵「麒麟山酒造」の日本酒など、季節に合った食材を使用。あっさりとしたミルクフレーバーをベースにし、食材本来の美味しさを味わえるジェラートに仕上げている。一番の人気は「塩こうじ」のジェラートだ。塩糀の独特な発酵臭は抑えつつ、旨味を引き出すことで、塩糀が苦手な人からも好評だという。
もともと店舗の隣にある直売所で勤務をしていた、代表の石川さん。日々傷んだり、腐ったりして廃棄される食材を見て、どうにか活用できないかと考えていた。そこで、阿賀町の食材を上手く活用し、どんな年齢の人でも楽しめるようにと、ジェラート店の創立を考案し、Refeli~れふぇり~を立ち上げたのである。

人柄の良さが際立つ店主、石川さん

Refeli~れふぇり~の扉を引き、店内に入ると笑顔で迎えてくれるのは代表の石川さん。石川さんは以前から自分の店を構えることに憧れがあり、多くの人に喜んでもらいたいという気持ちから、阿賀町にお店を立ち上げた。「衛生面など気を使うことも多く、ジェラート作りは難しいが、夢であった自分の店を持てて楽しい」と語る。仕事をしていて嬉しいことは、ジェラートを手にしてすぐに食べたお客さんからの「美味しい!」の一言。また、「農作物の廃棄量が減った」「苦手な食材が食べられるようになった」などの声が聞こえてくることも、石川さんの喜びだ。石川さんは、Refeli~れふぇり~で美味しいジェラートを作り続けていくことで、阿賀町の魅力を全国へ広めていくことが目標だと言う。「阿賀町の役に立ちたい」という言葉から、石川さんの人柄の良さが際立つ。「阿賀町と言ったらRefeli~れふぇり~!」を目指し、これからも阿賀町の特産品ジェラートを提供していく。

  • Refeli~れふぇり~
  • Refeli~れふぇり~
  • Refeli~れふぇり~
  • Refeli~れふぇり~
  • Refeli~れふぇり~

生産者紹介

代表:石川英理香
代表石川英理香

新潟市に生まれ、高校生の頃に阿賀町に移り住んだ代表の石川さん。高校を卒業後飲食店に就社し、調理と接客業に携わった。その後は工場の事務職なども経験したが、飲食に関わる仕事をしたいという気持ちが強く、阿賀町の直売所に勤務した。直売所では、傷んでしまったり腐ってしまった農作物が毎日のように廃棄される。そんな現状を目の当たりにし、どうにか傷んでしまう前に活用できないだろうかと考え、直売所の隣にジェラートショップをオープンした。「阿賀町のものをより美味しく、どんな年齢の方でも美味しく食べられるように」そんな想いが石川さんを突き動かす。

店舗詳細

店舗名称 Refeli~れふぇり~
住所 新潟県東蒲原郡阿賀町平堀876-1
アクセス
営業時間 夏季:10:00~17:00
冬期:11:00~16:00
定休日 水曜日