新潟直送計画からのお知らせ

「新潟直送マルシェ」開催のお知らせ

野菜ソムリエサミットで銀賞を受賞した希少な「上越丸えんぴつなす」

今回の担当:飛田
上越市の特産品”上越丸えんぴつナス”を産地直送でお届け!アクが少なく甘くてみずみずしい味わいが魅力の絶品ナスをお楽しみください!今回の担当:飛田

上越で古くから栽培される伝統野菜「上越丸えんぴつなす」をお届け!

新潟県はナスの作付面積が全国一、新潟市は一世帯当たりのナスの購入量が全国一というナス王国。

県内各地で様々な品種のナスが栽培されており、上越丸えんぴつナスは上越市の山間部で70年以上も前から栽培されてきました。

ぷっくり太りぎみの形で先端が少し尖り、表面は淡い紫色、太さは直径8cmと大きいサイズが特徴です。

県外に出回ることが少ない希少な品種です。

 

上越丸えんぴつナスはアクが少なくナス本来の甘みや旨みが強いのが大きな特徴です。

さらに、みずみずしくて柔らかな果肉でありながら、実の締りが良いため加熱によって形が崩れにくいのも嬉しいポイントです。

皮にはハリがあって歯切れが良く、ナスが苦手な方でも食べやすいと好評です!

 

日本野菜ソムリエ協会主催の野菜・果物とその加工品の品評会「野菜ソムリエサミット」。

全国各地から出品される青果物や加工品を野菜ソムリエが試食し、「美味しさ」を評価して優れたものを協会が認証しています。

この「野菜ソムリエサミット」で2017年に上越丸えんぴつナスが銀賞を受賞!

ナス本来の甘みや風味、とろりとした柔らかい果肉などが高く評価されました。

 

今回は、なすの旨みを活かした簡単メニューで美味しく味わいました!

ナス本来の味わいを楽しめるグリルで簡単「焼きナス」

【作り方】

1.包丁やハサミでガクを切り落とします。

2.ナスを縦に半分に切り、包丁で皮に薄く切れ目を入れます。

3.魚焼きグリルで皮に焦げ目が付くまでしっかりと焼きます。

4.切れ目を入れた線にそって、皮を剥きます。

5.鰹節とおろし生姜、ねぎを盛り付けて完成!

 

ご飯のおかずや、おつまみにぴったり!「ナスのぽん酢炒め」

【作り方】

1.ナスを切って塩もみします。

2.10分ほど置いて水分が出たら軽くナスを洗い流し、水気を拭き取ります。

3.フライパンに油をひき、炒めます。

4.軽く炒めたら、フライパンの上にアルミホイルをかぶせ、蒸し焼きに。

5.ナスがしんなりしたらごま油とぽん酢を加えて良く混ぜ合わせて出来上がり!

 

上越丸えんぴつナスを生産する耕太郎農園では、安心・安全へこだわり、減農薬・減化学肥料で栽培するこでナス本来の旨みを最大限に引き出しています。農園独自の丁寧な栽培と自然の恵みによって美味しいナスが生まれます。

今が食べ頃の上越丸えんぴつナス!ご注文受付中!

なかなか市場には出回らない貴重な「上越丸えんぴつナス」。

是非お試しください!

上越丸えんぴつナス – 耕太郎農園

このレポートに登場している商品

上越市の農家3軒のみで栽培される希少な上越丸えんぴつナスを産地直送!アクが少なく甘くてみずみずしい味わいが魅力!焼いても、揚げても、煮ても美味しい絶品のナスをお楽しみください♪