• お米注文受付中!「28年度米」カテゴリページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • 豪雪津南 雪下にんじんジュースページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ
  • 「越後姫」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

臨時休業のお知らせ

1882年(明治15年)創業の新潟の老舗和菓子店。より良い素材を、より良い腕で。基本に忠実に上質なお菓子を作り続ける。それが地元で愛され続ける百花園の心です。

百花園 新潟市中央区営所通にある百花園本店

明治15年創業の新潟の老舗和菓子店

1882年(明治15年)創業の新潟の老舗和菓子店「百花園」。新潟の古町から少し海岸寄りのエリアに本店を構え、4代に渡って、地元の人々に長く愛され続けるお菓子を作り続けてきた。初代太田新太郎は、明治3年に菓子作りの腕を見込まれ、東京から新潟に移り、市内の菓子店に技術を広めたと言われている。明治天皇に献上するお菓子を作るために、酒田まで出張したこともあるそうで、菓子の製造技術に大変優れた人物だった。明治15年に、「百花園」の名で、新潟市中央区営所通りに店を出した。以来、新潟特産の農作物を使った独自の銘菓の他、四季折々のお菓子、年中行事のお菓子などを作り、地元の人々に百年以上に渡って愛され続けている。

より良い素材を、より良い腕で。基本に忠実に上質なお菓子を作り続ける。

白餡に大栗入り月志露(つきしろ)、丹波大納言のみ使用のもなか真楽(しんらく)、豊かな味わいの洋梨のタルト等、素材にこだわった百花園のお菓子。日々の愉しみとして普段、日常のくらしの中でおいしく頂ける、そんなお菓子を作り続けたいという思いから、「高級」でなくとも、「上質」であることにこだわりがある。和菓子の一級技能士が3人在籍しているという百花園。創意工夫もさることながら、あくまでも基本に忠実に、「より良い素材を、より良い腕で。」、誠実に丁寧に仕事をする、というのが百花園の100年変わらない心だ。

  • 百花園を代表する銘菓「月志露」 百花園を代表する銘菓「月志露」
  • 創業明治15年。本店入口の趣ある看板。 創業明治15年。本店入口の趣ある看板。
  • 贈って喜ばれる新潟のお菓子 贈って喜ばれる新潟のお菓子
  • 季節毎に、旬の素材を取り入れた商品が並ぶ 季節毎に、旬の素材を取り入れた商品が並ぶ
  • 希少なル・レクチェを使ったタルト 希少なル・レクチェを使ったタルト
  • 35年以上のロングセラー 雲上 月志露 35年以上のロングセラー 雲上 月志露
  • 贈答用として、地元では定番となっています 贈答用として、地元では定番となっています

生産者紹介

太田 新太郎
太田 新太郎

明治15年創業の新潟の老舗菓子店「百花園」の5代目にあたる、太田新太郎さん。代々続く菓子店の家に生まれるも、学生時代は家業を継ぐ気もなく、「東京で普通の大学生活を過ごした」という。

大学を卒業後、家業を継ぐことを決意し、東京や横浜の和洋菓子店で修行したのち、単身フランスへ渡り、本場の菓子作りに触れながら、センスを磨いてきた。2012年に新潟に戻り、家業に入った。これまで百花園が培ってきた「和」の趣向を継承したいと、若くして和菓子の一級技能士の資格を取得した。新潟で長く愛されてきた百花園の味を受け継ぎながら、県外の人達にも認めてもらえるような、新たなお菓子作りに取り組んでいきたいと話す。

店舗詳細

店舗名称 百花園
住所 新潟県新潟市中央区営所通1番町321
アクセス
営業時間 受付時間 9:00~19:00
定休日 年中無休