新潟直送計画からのお知らせ

「和梨」の予約受付が始まりました

100年以上の歴史を持つ老舗の米屋。米粉を使ったカヌレやシフォンケーキなどのスイーツも評判だ。店舗には、米粉クレープ専門店「クレープ*はなちゃん」を併設している。

酒井米店 店頭でテイクアウトのクレープを販売

米粉クレープ専門店を営む米商店

五泉市村松地区に店を構える「酒井米店」は、1909(明治42)年に創業した新潟県産米の専門店。「魚沼産コシヒカリ」や「新之助」を中心に、新潟県産にこだわった米を販売している。現在、店を切り盛りするのは、4代目・南波裕紀子さん。「創業時は、『酒井熊吉商店』という屋号で商売をしていました。初代は、私の曽祖父にあたります」と、語る。そんな歴史ある米商店には、新潟県の米粉クレープ発祥の店「クレープ*はなちゃん」が併設されている。もともと南波さんが、キッチンカーで米粉クレープの移動販売をしており、4代目を継いだタイミングで実店舗をオープンした。クレープ生地には、新潟県産の米粉を100%使用するのがこだわり。「最初は小麦粉と米粉を混ぜていたんですが、試行錯誤する中で米粉だけで作ってみたんです。そしたら、びっくりするくらい美味しくできたんですよ」と、南波さんは教えてくれた。常連客からは、「もちもちとした食感で、お米のやさしい甘さが美味しい!」と評判だ。

米粉スイーツを通して、新潟米の美味しさを発信する

酒井米店では、新潟米の美味しさを発信するため、米粉スイーツの商品化にも注力している。2023年に商品化したのは、カヌレとシフォンケーキ。米粉はもちろん、卵や牛乳なども新潟県産の食材を使用している。「卵は、地元の養鶏場から仕入れています。卵黄をたくさん使うカヌレは、卵白がたくさん余ってしまいます。そこで、卵白をたくさん使うシフォンケーキを作ることで、フードロスを削減できるんですよ」と、南波さんは開発秘話を語る。米粉を使ったスイーツは、しっとりとした口当たりに仕上がるのが特徴。また、砂糖を控えめにすることで、お米本来のやさしい甘みを感じるスイーツに仕上げている。「近年、世界中でフードロスが問題となっていますよね。お米も例外ではありません。新潟米の美味しさを発信することで、お米の消費量が少しでも増えたら良いなと思います」と、南波さんは微笑む。

  • 酒井米店
  • 酒井米店
  • 酒井米店
  • 酒井米店

生産者紹介

代表:南波裕紀子
代表南波裕紀子

五泉市出身。生家は、1909年から代々米屋を営んでいる。自身の子育てが落ち着いたタイミングで、クレープの移動販売を開始。2014年に家業を継ぎ、翌年2015年に米粉クレープ専門店「クレープ*はなちゃん」の実店舗をオープン。新潟県産の米粉100%で作った米粉クレープは、多くのファンを持つ人気商品だ。また、2023年にはカヌレやシフォンケーキなど、米粉を使ったスイーツを商品化。「米粉スイーツを通して、新潟米の美味しさを知ってもらえたらうれしいです」と、南波さんは語る。

店舗詳細

店舗名称 酒井米店
住所 新潟県五泉市村松甲1854-1