新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」6月のプレゼント

1936年創業の滝沢印刷は、印刷や文具・OA事務機の販売など、オフィスに関わる全てをトータルサポートする企業。「文具館タキザワ」では、ワクワクする文具を揃えている。

滝沢印刷・文具館タキザワ 県内に6店舗を構える文具店「文具館タキザワ」

オフィス業務をトータルサポートする企業

滝沢印刷は、1936年に十日町市で創業した印刷会社。印刷業務はもちろんのこと、企画・デザインからクリエイティブチームが携わり、顧客に寄り添う。また、印刷のみならず、ホームページ制作や動画制作も手掛けており、企業のオフィス業務をトータルサポートしている。さらに同社は、県内6か所に、文具販売店「文具館タキザワ(一部店舗名:PEN BOX)」を展開。「Basic&Exiting(ベーシック&エキサイティング)」をコンセプトに、日常使いのベーシックな文具を揃えつつ、雑貨店を歩いているかのような、ワクワク感を提供できる商品をラインナップ。新商品や季節感のある商品も豊富に取り揃え、何度足を運んでも楽しめる店舗づくりを心掛けている。接客において目指すべき目標は「東京ディズニーランド」。店舗スタッフの、温かく丁寧な接客や心遣いが印象的な企業だ。

オリジナルブランド「雪彩」シリーズを展開

滝沢印刷は、2019年に新潟発のご当地インク「雪彩(せっさい)」を発売。オリジナル商品として県内外に発信している。ブランド名「雪彩」は、「雪国新潟に降る純白の雪を鮮やかに彩る、ふるさと新潟の宝物」をイメージしたもの。インクの色には、「笹団子やおけさ柿」といった特産品や、「信濃川や高田城の夜桜」など、県内各地の名所の名前が付けられている。また、米どころ新潟の魅力を伝えるため、小さな米袋に入れて販売するというオリジナリティーも人気の秘密。全国の文具ファンから注目を集め、話題となっている。

  • 滝沢印刷・文具館タキザワ
  • 滝沢印刷・文具館タキザワ
  • 滝沢印刷・文具館タキザワ
  • 滝沢印刷・文具館タキザワ

生産者紹介

代表:滝沢重雄
代表滝沢重雄

十日町市出身。祖父が創業した滝沢印刷の代表を務める。「デザインで世界を変える」という企業理念もと、答えのない課題や課題さえ見えにくい社会と向き合い、顧客と一緒に考え「未来をデザインする」ことを使命としている。人と人とのつながりや、会社と地域のつながりがより強く求められているからこそ、顧客のよき相談相手となることが重要。新しい商品やサービス・アイディアを提供し続け、人々の生活を豊かにしたいと考えている。

店舗詳細

店舗名称 滝沢印刷・文具館タキザワ
住所 新潟県十日町市本町2丁目325番地2