新潟直送計画からのお知らせ

【期間限定】旬の食材を500円引き!てのひら新潟フェア

見附市に拠点を構え、代々続く畑を使って農業を営むkimataファーム。近代科学農業を活用した「季節を問わない野菜作り」や、「加工食品」の企画販売を手掛ける。

kimataファーム 家族で美味しい野菜作りに取り組む

季節を問わず美味しい野菜を栽培する

見附市に拠点を構えるkimataファーム。代々兼業農家として、きゅうりやなす、葉物の栽培などを手掛けてきた。2018年に、本格的に農業に取り組もうと、専業農家になることを決意。代表の野村さんと祖母父の名前から頭文字を取って命名した、「kimataファーム」としてスタートを切った。当初は、「雪国の新潟でも、冬に美味しいトマトが出回るようにしたい」との思いで、大玉トマトの栽培を開始。その後、ミニトマトやにんにくの栽培も始める。現在は、近代科学農業を取り入れ、日本ではめずらしい「オランダ製LEDライト」の導入や、「水耕栽培」の活用により、季節を問わない野菜作りを実現している。また、「なす漬け」「たくあん」といった漬物作りや、にんにくを利用した加工食品の企画・販売にも積極的に取り組んでいる。野菜や加工商品の販売は、市内の直売所やインターネットがメイン。中でもガーリックオイルは、注文殺到の人気商品だ。

「規格外農作物」の加工品づくりに取り組む

kimataファームは、規格外品の農作物を加工から製造・販売まで行う「6次産業化」に力を入れている。「少しの傷や色味の変化で、農作物は商品にならない。美味しさは変わらなのにもったいない」と語る野村さん。中でも人気を集めるのは、水と竹炭だけの水耕栽培で育てた、kimataファーム自慢の「発芽にんにく」を使ったガーリックオイルだ。にんにくの栄養素がまるごと詰まった商品で、体に良くて美味しいと好評である。kimataファームのにんにくは、暗いところで栽培し、芽まで柔らかく美味しく食べられるのが特徴。無添加のオイルに、玉の部分はもちろん新芽や根も一緒に漬け込んでいる。オイルは2種類、オリーブオイルとごま油。和洋中どんな料理にも使える万能調味料として、新たなジャンルを切り開いている。

  • kimataファーム
  • kimataファーム
  • kimataファーム
  • kimataファーム

生産者紹介

代表:野村貴巳
代表野村貴巳

見附市出身。高校卒業後、県内の企業で営業として10年以上勤務。その間も兼業農家として野菜作りに携わっていた。その際、自分が育てたトマトが「とても美味しい」と評判になったことが、専業農家を目指したきっかけ。「当時はまだまだ経験が浅く、周囲からは続かないのではないかという声もありました」と野村さん。「農業をひたむきに学び、試行錯誤を続けてきたからこそ、今があります」と語る。現在は、農産品の安心安全や労働者のための安全を守る基準「JGAP」の取得や、販路拡大を目指しているという。これまで以上に農業を学びたいと、意欲を燃やしている。

店舗詳細

店舗名称 kimataファーム
住所 新潟県見附市上新田町5-21