新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」11月のプレゼント

新潟県産素材を使い、化学調味料も不使用。あっさりと上品で、どんな時にもつい食べたくなる「とんこつラーメン」を提供する。県産の豚と米粉を使った餃子も好評だ。

俺のとんこつラーメン伝丸 朝ラーメンから飲み会のシメまで「夜型営業」のラーメン店

新潟市の繁華街・古町で人気のとんこつラーメン店

2015年に新潟市の繁華街・古町に開業した「俺のとんこつラーメン伝丸」。豚骨独特の臭みがなく、コクがありながらもあっさりと上品な味わいが好評だ。麺は柿渋を練り込んだのどごしの良い太麺と、九州の豚骨ラーメンならではの細麺の2種類から選べ、どちらも豚骨スープと相性抜群。スープの種類も豊富で、すべて豚骨をベースに、醤油・野菜味噌・辛みそ・ゆず胡椒味噌・背脂とんこつなどを展開している。また、サイドメニューも充実。夜は一杯飲みながら唐揚げやポテトサラダなどを食べ、シメにラーメンを食べるお客様も多い。近隣に居酒屋や飲食店が多い古町という場所柄、ラーメン店でありながら、ゆっくり滞在し食事やお酒をたのしむ姿が多く見られる。しっかり食べたい時も、朝も、お酒のシメにも、どんな時にでもするすると箸がすすむ美味しさと評判だ。

ラーメンはもちろん餃子もおすすめ

「新潟らしい餃子を」という考えから生まれた米粉と地元産の豚肉を使った餃子もおすすめだ。旨味のある新潟県産豚肉のひき肉に、よりジューシーにするため背脂をプラス。一口食べれば肉汁が溢れてくる。餡に加えるキャベツとニラも新潟県産。皮は、新潟県胎内市でうまれた米粉を使用。小麦粉の皮に比べてもちもちとして甘みを感じるのが特徴だという。味付けに使う塩は、ミネラル豊富でまろやかな、新潟県村上市名産の笹川流れの塩を使用。ごま油・にんにく・しょうがを加えたシンプルな味付け。化学調味料不使用で、厳選された素材の旨みが生きている。こだわりの材料で、新潟をアピールできる餃子は、「伝丸」の人気サイドメニューだ。

  • 俺のとんこつラーメン伝丸
  • 俺のとんこつラーメン伝丸
  • 俺のとんこつラーメン伝丸
  • 俺のとんこつラーメン伝丸

生産者紹介

代表:五十嵐明
代表五十嵐明

新潟市北区生まれ。高校卒業後、小売店や外食産業などに勤務。関東で力を試したいと考え、大手チェーンが手掛ける日本そば店で経験を積む。その後、東京・渋谷でとんこつラーメン店の店長として店を切り盛りするようになり、2014年に新潟にUターン。「俺のとんこつラーメン伝丸」を開業した。ラーメンも餃子も化学調味料不使用がこだわり。時間や手間はかかるが、健康・安全に配慮をかかさない。新潟はとんこつラーメン不毛の地ではあるが、新潟県民の口にあうような、あっさりと食べられる一杯を提供していくのが目標だ。また、障害者支援や国際ボランティアなどにも興味を持ち活動。障害者施設から野菜を仕入れたり、新潟県立大学のボランティアサークルとプロジェクトを立ち上げ募金活動を展開するなど、広い視野を持ち、精力的に活動している。

店舗詳細

店舗名称 俺のとんこつラーメン伝丸
住所 新潟県新潟市中央区東堀通8-1410
アクセス