TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

「G20サミット」に伴う交通規制の影響によるヤマト運輸のお届け遅延と一部サービスの中止について

新潟市南区白根地区で、江戸時代から続く果樹園。その道なんと50年の職人気質な5代目が作るぶどう・梨・いちごは絶品。県内外から多くの人が、フルーツ狩りに訪れる。

池田観光果樹園 新潟市南区でも指折りの人気を誇る観光果樹園

果樹栽培に最適な土地、新潟市南区白根地区

池田観光果樹園があるのは、新潟市南区の白根地区。江戸時代から果樹栽培が盛んな地域である。信濃川と中ノ口川がもたらす豊富な水と、肥沃な土壌が、果樹栽培に最適な環境なのだ。古来より、この2つの河川が幾度となく氾濫。養分豊富な土砂が堆積し、この肥沃な土地を形成した。特産物は梨。果樹の中でも、水害に比較的強いため、最も古くから栽培されていた。この土地の恵みを受けて育った梨は、甘みが強く多汁で、とても評価が高い。他にも、ぶどうやいちご、洋梨のル・レクチェが有名である。白根地区の果樹園は、その栽培技術を300年もの長い歴史の中で磨き続け、多くの人を魅了する果物を提供している。池田観光果樹園は、その中でも特に高い人気を得ている果樹園のひとつだ。

一から始めた果樹栽培

いちご(越後姫)や多品種の梨・ぶどうを中心に栽培している池田観光果樹園。現在の園主は池田良一さん。江戸時代から続く果樹園の5代目であり、この道50年の大ベテランである。池田さんは高校在学中に、園の4代目であった父を亡くした。それは父が、観光果樹園を始めようかと準備を進めていた時のことで、夢半ばのことであった。父の夢を叶えるべく、卒業後に果樹園を継ぎ、観光果樹園を開くことで、5代目としての道をスタートさせた。しかし、家族には果樹栽培に詳しい者はおらず、園の運営は難航。不作や病害虫被害に苦しんだ。地域の果樹園を訪れては、栽培について教えを請い、書籍を読み漁り、独学で研究をした。必死の学習の甲斐もあり、10年はかかると言われる技術水準まで、およそ3年でたどり着く。その後、地域でも評判になるほど美味しい果物を作ることに成功。観光果樹園は大盛況となった。

新潟市南区でも特に人気の果樹園

「果樹栽培にもっとも大事なのは、よく観察すること」と語る池田さん。長年、果樹と向き合い続けた今では、葉や樹木の状態を見るだけで、実る果物の美味しさが分かるという。そんな池田さんが、果樹に与える肥料は有機肥料のみ。それも元肥として、秋にしか肥料を散布しない。常に果樹を観察し、来年の果樹に必要な分だけの肥料を与えるのである。ベテラン園主の育てる果物には、口にした人から「この地域で1番美味しい!」という声が非常に多い。そして旬の時期になると、毎年、多くのリピーターと、口コミを聞きつけた人がフルーツ狩りに訪れ、園は賑わっている。
園主の池田さんは「観光果樹園を運営していくこと、美味しい果物を提供することだけを考えてきた」という。これからも、父の残してくれた果樹園を守っていくために、美味しい果物を作っていく。

  • 池田観光果樹園
  • 池田観光果樹園
  • 池田観光果樹園
  • 池田観光果樹園
  • 池田観光果樹園
  • 池田観光果樹園

生産者紹介

5代目園主:池田良一
5代目園主池田良一

1950年生まれ。新潟市南区白根地区出身。江戸時代から続く果樹園の5代目として生まれる。高校卒業後に果樹園を継ぐ。在学中に先代の父を亡くしたため、果樹栽培は独学で学んできた。地域の果樹園に教えを請い、書籍を調べながら、必死に研究したという。その甲斐もあって、園の果物は美味しいと評判になり、観光果樹園は大盛況。現在でも、園には毎年、リピーターや、口コミを聞きつけた多くの人たちが訪れている。父の夢、想いを受け継いだ園主の池田さんは「これからも、美味しい果物を提供しながら、この観光果樹園を守っていきたい」と語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 池田観光果樹園
住所 新潟県新潟市南区新飯田2584-15
アクセス
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休