新潟直送計画からのお知らせ

2024年度夏季連休期間の営業スケジュールについて

1923(大正12)年創業の米穀専門店。五ツ星お米マイスターの代表自らが高品質な米を厳選。丁寧に精米、色彩選別を行い、米どころ新潟の魅力を全国に発信している。

株式会社保苅米穀 最新鋭の精米設備を備えた工場

「新潟の美味しいお米」を全国に

新潟市西蒲区にある保苅米穀は、1923(大正12)年創業の米穀専門店。創業当時は物流の要所・西堀(現新潟市中央区)に店を構えていた。俵(たわら)に入れた米を買い付け、船で運んでいたという。その後、時代の流れに合わせて、飲食店への販売に力を注ぐようになった。現在、保苅米穀で取り扱う米は、三大米どころ「魚沼産」「岩船産」「佐渡産」のコシヒカリや新之助など。生産者から仕入れたそれらの米を、「五ツ星お米マイスター」の資格を持つ保苅晃規さんが厳選。「新潟のお米を日々の生活、食事のベースにしてほしい」という思いを込めて、「新潟米(マイ)ライフ」と名付け、県内外の飲食店に提供している。さらに3合(450g)をパック詰めにした、ギフト向けの商品を開発し、JR新潟駅の土産店で販売。販路拡大やブランド価値向上のため、米どころ新潟の「美味しいお米」をさまざまな形で発信している。

米穀専門店ならではの安心・安全な商品づくり

「新潟の美味しいお米」を発信している保苅米穀。米穀専門店として、社長の保苅さんは、「精米のプロ、販売のプロであることを大切にしています」と語る。県内各地の生産者のもとへ足を運び、納得した米だけを仕入れ、最新鋭の精米設備で精米している。「同じコシヒカリでも、産地によって食感や風味が違います。それぞれの個性があるんですよ」と、保苅さん。米ごとの持ち味が発揮できるよう丁寧に精米し、時にはブレンドをして、品質の良い商品づくりを目指している。「これからの時代、食の安心・安全が問われると思います。最新の精米設備と今まで培った経験を生かし、新潟のお米を食べるお客様が満足してもらえる商品を追求したい」と力を込める。創業から一世紀。米穀専門店だからこそできる、高品質な商品づくりを続けていく。

  • 株式会社保苅米穀
  • 株式会社保苅米穀
  • 株式会社保苅米穀
  • 株式会社保苅米穀

生産者紹介

社長:保苅晃規
社長保苅晃規

新潟市出身。大学卒業後、数年間は新潟県内の企業で勤務した。1998(平成10)年に保苅米穀に入社し、2004年に社長に就任。県内の生産者のもとへ足を運び、厳しい目利きで米を買い付け、品質にこだわった商品作りを追求している。産地や品種、年度ごとに違う米の特長を把握し、飲食店に卸す米は、多種多様なニーズにマッチした商品を提案している。それらのこだわりについて、「食べたお客様に満足してもらいたいからですね」と、ほほ笑む。「『保苅米穀に任せれば大丈夫』と思ってもらえるように、新潟の美味しいお米を届けていきたいです」と意気込んでいる。

店舗詳細

店舗名称 株式会社保苅米穀
住所 新潟県新潟市西蒲区善光寺北畑627番地