新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」10月のプレゼント

布製品や焼き菓子の製造・販売を通じ、障がい者の就労移行支援を行う施設。コシヒカリの米粉を使ったクッキーは、「しっとりサクサク食感が美味しい」と人気を集めている。

社会福祉法人ほっと妙高 パンと焼き菓子を製造する施設「のぞみ」。パンの売店を併設する

就労移行支援を行う福祉施設

妙高市にある社会福祉法人ほっと妙高は、就労移行支援を行う施設。就労移行支援とは、障がい者を対象にした福祉サービスで、職業訓練を通じて一般就労のサポートをする。同施設が理念に掲げるのは、「利用者の個性を尊重すること」だ。異なる能力や適性を念頭において、個々に応じた支援を実施。喫茶店の運営、金属製品や布製品の製造・販売、地域の除草作業など多岐にわたる。特に工業用ミシンを使用した縫製技術の高さには定評があるという。たとえば、バッグの中に入れて使う「バッグ・イン・バッグ」。小さいポケットや便利な仕切りが付いている上に、縫い目が細かく、ほとんど目立たない。「とても仕事が丁寧」と好評だ。他にもアームカバーやエプロン、小銭入れ、マスクなどを手がけ、新潟、長岡、上越の雑貨店で販売。指導員の金谷さんは、「さまざまな職業に取り組むことは、能力の向上はもちろん、利用者の生活や余暇の向上にも繋がると思います」と語っている。

しっとり、サクサク食感!完売必至の米粉入りクッキー

ほっと妙高の施設の一つ「障がい者サポートセンターのぞみ」では、パンと焼き菓子の製造を行っている。どちらも妙高産コシヒカリの米粉を使用。ハンバーガーやBLTサンド、ピザなど10種類以上ある。小中学校の給食のためにコッペパンも手掛けており、「もちもちして美味しい」と子どもたちから大好評だ。お菓子の中でも特に人気なのは、米粉を使ったクッキー「hooot!クッキー」。米粉入りならではのやさしい甘さとサクサクの食感が美味しい。こだわりは、アーモンドを粉末状にしたアーモンドプードルを練り込むこと。アーモンドの脂分の作用で「しっとり感」が増すとともに、風味が豊かになる。さらに、豊富な種類も人気の秘密。ごまやココアなどの定番フレーバーから、チーズコショウといった変わり種まである。チーズコショウはチーズのコクと黒コショウのピリ辛風味が相性抜群で、お酒のおつまみにもピッタリだ。月に一度の市役所での販売会では、常に完売するという。職業指導員の金谷さんは、「地元民から『美味しい』という声をいただいて、作った利用者も喜んでいます。やりがいをもって、これからもパンやお菓子の製造に励んでほしい」と語っている。

  • 社会福祉法人ほっと妙高
  • 社会福祉法人ほっと妙高
  • 社会福祉法人ほっと妙高
  • 社会福祉法人ほっと妙高

生産者紹介

職業指導員:金谷智史
職業指導員金谷智史

上越市出身。新潟市内にある福祉の専門学校を卒業した後、新潟市西区や上越市の就労支援施設を経て、相談員として社会福祉法人ほっと妙高に入職。行政と連携しながら、施設利用を希望する人へ福祉サービスの紹介を行ってきた。2020年4月、同施設内にある「ワークセンターのぞみ」の管理者兼職業指導員に就任する。職業訓練を通じて、利用者が自立した生活ができるようサポート。「どんな時も利用者さんの目線に合わせてコミュニケーションを取ることを大切にしています」と語っている。

店舗詳細

店舗名称 社会福祉法人ほっと妙高
住所 新潟県妙高市上町9-1