新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」11月のプレゼント

新潟市全域の学校に、給食用の牛乳を提供する塚田牛乳。創業以来、多くの酪農家を育て、乳製品の安全性向上に努めてきた。新潟の酪農・乳業に貢献し続ける老舗企業だ。

塚田牛乳 新潟市民から長く愛される老舗乳製品メーカー

新潟の酪農と乳業をリードする老舗企業

株式会社塚田牛乳は、新潟県で最も有名といっても過言ではない乳製品メーカーだ。新潟県南部に位置する上越市名立区にて1901年に創業。当初は、牛の飼育から搾乳までを家族で行い、搾った牛乳を振り売りしていた。1924年には「もっと人の多いところで商売をしよう」と考え、新潟市への移転を決意。牛を増やしつづけ、ついには酪農と乳業を同時に管理するのが難しくなった。そこで、地域の人から酪農家になりたい人を募り、彼らに牛の飼育のノウハウを教えていった。この活動は、新潟酪農業協同組合の設立の礎となったという。乳業に専念するようになってからは、衛生管理の面でも新潟県の乳業をリード。1999年にはHACCPを取得。酪農・乳業への功労が認められ、厚生大臣賞をはじめとするいくつもの賞を受賞している。

新潟市の給食でおなじみの牛乳

株式会社塚田牛乳の牛乳は、新潟市内の学校給食に使われている。新潟市出身の方であれば、「塚田牛乳」と書かれた牛乳瓶のイメージが、今でもはっきりと思い浮かぶのではないだろうか。コンビニエンスストアとコラボし、塚田牛乳を使ったパンを販売した際は、新潟市内にて特に大きな売上を記録。地域から愛されつづけている証拠である。塚田牛乳では、もちろん牛乳以外にも、バターやヨーグルトなどの乳製品も作っている。バターは、牛乳をタルに入れて時間をかけて混ぜこねる昔ながら作り方。もっと効率的な製法もあるが、同じ牛乳を使っていても味が段違いであるため、変わらぬ製法で作り続けている。

  • 塚田牛乳
  • 塚田牛乳
  • 塚田牛乳
  • 塚田牛乳

生産者紹介

取締役製造部次長:塚田忠幸
取締役製造部次長塚田忠幸

新潟市中央区出身。塚田牛乳を経営する塚田正幸社長の次男として生まれる。兄が料理人を志したことを受け、自分が塚田牛乳を継ぐことを決意した。大学卒業後は、「よその会社で怒られながら、しっかり勉強してきてほしい」という父の考えから、石川県の食品会社に入社。修業を経て、現在は塚田牛乳の製造部にて働いている。中でも担当しているのは、牛乳の殺菌と充填。「食」に携わる会社として最も衛生面への注意が必要な部署であり、機械への深い知識と臨機応変な対応が求められるという。「安心して美味しい牛乳を飲んでもらうため、とても責任のある重要な仕事です」と語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 塚田牛乳
住所 新潟県新潟市江南区木津工業団地2-1
アクセス