• 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • お米注文受付中!「28年度米」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • 豪雪津南 雪下にんじんジュースページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

ヤマト運輸 配達時間帯指定枠の変更について

新潟初のローチョコレート専門店!スーパーフードとして注目されるカカオ豆本来の栄養素を逃さず、オーガニックな原材料にこだわり一粒一粒丁寧に手作りしています。

プティリス 高品質なローチョコレートを新潟から発信!

新潟初のローチョコクリエイター

新潟県長岡市にあるローチョコレート専門店「Petit-lys(プティリス)」。オーナーの小黒小百合さんは、新潟県初のローチョコクリエイターとしてカラダに優しいチョコレートの製造・販売を行っている。ローチョコレートとは、英語の「raw=生」が語源となっており、48℃以下の非加熱・低温乾燥によってローカカオ(生のカカオ豆)が持つ熱に弱い栄養素や酵素をそのまま残したチョコレートのこと。小黒さんがローチョコレートと出会ったのは学校給食員として働き、衛生面を重視する調理方法によって食材の栄養素が変質してしまうことにジレンマを感じている時だった。元々チョコレートが大好きだったが、食べ過ぎによる肌トラブルや虫歯に悩んでいたこともあり、チョコレートを食べることで美容や健康にプラスの効果をもたらすローチョコレートの魅力に感銘を受けた。そして、同じ悩みを抱えている人にもローチョコレートを食べてもらいたいという思いから独学で知識と技術を学び始める。2013年からは「ローチョコレート教室Oguro」の講師として作り方のレッスンを開催。さらに、ローチョコレートの魅力をより多くの人に知ってもらうためにオリジナルブランド「Petit-lys(プティリス)」を立ち上げ販売をスタート。こだわりの詰まったオリジナル商品は全国から人気を呼び、2016年のバレンタイン限定品は、予約開始から5日で完売するほどの大盛況だった。現在は自宅に工房を設け、ローチョコレートや砂糖・卵・乳製品を使用せず48℃以下の低温調理で作るローケーキの受注販売を手がけている。

こだわり抜いたオーガニックの原材料

小黒さんが目指すのは、カラダに負担の少ないローチョコレートを作ること。そのために原材料はとことんオーガニックの食材にこだわっている。使用するローカカオは、農薬や化学肥料を一切使わずに育てられ、農林水産省の厳格な基準をクリアした安心の有機JAS認定品。また、糖分を含まないローカカオにさっぱりとした甘さを加えるアガベやメープル、ココナッツ、玄米などの天然甘味料は未精製で栄養素の残った海外有機認定品、甘さを引き立てる塩はミネラル豊富な宮古島特産の「雪塩」を使用するなど、世界中から厳選した原材料によって高品質なローチョコレートの生産を心がけている。個性豊かな味わいが楽しめるラインナップには、栄養価の高いスピルナやゴジベリー、ターメリックなどのスーパーフードを合わせ、さらなる美容と健康への効果が期待されるものばかりだ。

新潟からローチョコレートの魅力を発信

近年、スーパーフードブームに後押しされ注目されるローチョコレートだが、その知名度は新潟県ではもちろん、全国的にもまだ低く、販売店舗も少ないのが現状だ。小黒さんはローチョコレートの素晴らしさを多くの人に知ってもらうために、自宅レッスンや各地での出張教室の開催を積極的に行っている。また、新潟県内のイベントにも出店することで、初めてローチョコレートを知り興味を持つ人も徐々に増えてきている。今後も高品質なローチョコレートを作り、新潟から全国、そして世界へとローチョコレートの魅力を発信していく。

  • 原材料のローカカオ 原材料のローカカオ
  • オーガニック製品へのこだわり オーガニック製品へのこだわり
  • 基本の材料はローカカオ天然甘味料、塩のみ 基本の材料はローカカオ天然甘味料、塩のみ
  • 一粒一粒丁寧に手作り 一粒一粒丁寧に手作り
  • 5種類の一粒チョコ 5種類の一粒チョコ
  • 3種類の板チョコ 3種類の板チョコ

生産者紹介

ローチョコクリエイター:小黒小百合
ローチョコクリエイター小黒小百合

1977年生まれ。高校卒業後はホテルレストランの厨房に就職。その後も日本食やイタリアンなどの飲食店で多様なジャンルの料理技術を学んだ。結婚を期に学校給食員として働き始めるが、衛生管理のための加熱処理によって食材の栄養素が変質してしまうことにジレンマを感じていた時にローチョコレートと出会う。元々チョコレートが大好きだったが、食べ過ぎによる肌トラブルや虫歯に悩んでいたこともあり、チョコレートを食べることで美容や健康にプラスの効果をもたらすローチョコレートの魅力に感銘を受け、独学で知識と技術を学び始める。同じ悩みを抱えている人にも食べてもらいたいという思いから、2013年に「ローチョコレート教室Oguro」の講師として活動を始め、オリジナルブランド「Petit-lys(プティリス)」の販売を開始。こだわりの詰まったローチョコレートは全国から人気を呼び、2016年のバレンタイン限定品は5日で予約完売するほどの大盛況だった。現在は自宅に工房を設け、ローチョコレートや砂糖・卵・乳製品を使用せず48℃以下の低温調理で作るローケーキの受注販売を行っている。今後も自宅レッスンや各地での出張教室に積極に取り組むことで、ローチョコレートの知名度向上と共に、新潟から全国、そして海外へと高品質なローチョコレートを発信していく。

店舗詳細

店舗名称 プティリス
住所 新潟県長岡市土合町
アクセス