新潟直送計画からのお知らせ

ヤマト運輸の置き配サービス開始に関するお知らせ(5月23日)

NI to WA

「NI to WA」からのお便り

店舗カテゴリ : その他

焙煎度合いについて

こんばんは。

今回は珈琲豆の焙煎についてお話しします。

珈琲豆の焙煎とは、生豆を高温で加熱し、香りや風味を引き出すことです。

珈琲豆の焙煎度合いには、浅煎り、中煎り、深煎りの3種類があります。

浅煎りは、焙煎が浅く、酸味が強く、苦味が少ない傾向があります。

中煎りは、焙煎が浅煎りと深煎りの中間で、酸味と苦味のバランスが良い傾向があります。

深煎りは、焙煎が深く、苦味が強く、酸味が少ない傾向があります。

珈琲の焙煎度合いによって、それぞれに合う飲み方があります。

以下に、一般的な飲み方をいくつか紹介します。

  • 浅煎り: 酸味が強く、フルーティーな味わいが特徴です。アイスコーヒーやカフェオレなどに向いています。
  • 中煎り: 酸味と苦味のバランスが良く、珈琲本来の味わいが楽しめます。ブラックで飲むのがおすすめです。
  • 深煎り: 苦味が強く、コクがあります。ミルクを加えたカフェラテやカプチーノなどに向いています。

【庭を愉しむための珈琲】には浅煎りと深煎りで朝・昼・夕方・夜をイメージした4ブレンドでお楽しみ頂けます。

今回のお話を参考にお好みの珈琲を探してみてください!

商品情報はこちら☟

https://shop.ng-life.jp/s1031/