新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」6月のプレゼント

弥彦村のブランドコシヒカリ「伊彌彦米(いやひこまい)」をメインに生産する米農家。「地元の農業を盛り上げたい」という思いを胸に、日々農業と向き合っている。

農業法人やひこ 弥彦山の麓で米作りを行う

米屋から米農家に転身

新潟県の中央部に位置する弥彦村で米作りを行う「農業法人やひこ」。弥彦村のブランド米「伊彌彦米(いやひこまい)」や「伊彌彦米 零(ゼロ)」のほか、切り餅用のこがねもちなどを生産。農薬や化学肥料をできるだけ抑えて作る伊彌彦米は、新潟県の特別栽培認証を取得している。代表・信田悠太朗さんは、「特別栽培認証のお米はとても手間がかかりますが、お客様が安心して食べられるお米を生産したいと思っています」と語る。そんな農業法人やひこは、もともと米屋を営んでいたという。地元・弥彦村産を中心に、さまざまな産地の米を取り扱っていた。「自分たちでも田んぼを所有していて、地元の農家さんに貸出していました。その中で、離農される農家さんが毎年増えている現実も見てきました。このままでは、弥彦の農業はどんどん厳しくなる、どうにかしたい。そんな思いから、自ら米作りをやるという決断をしました」と、信田さんは熱い思いを語る。

稲作を広めた神様が見守る、弥彦村での米作り

弥彦村のシンボル・弥彦神社に祀られている神様は、新潟県に稲作を広めたと言われている。農業法人やひこは、そんな神様が見守る弥彦山の麓で米作りに励んでいる。弥彦の土壌は、米作りに適している「埴壌土」。粘土質ながらも適度に砂土が混じった、バランスの良い土壌だ。春先に田んぼを耕しながら稲わらをすき込むことで、土壌環境を整えている。このすき込み作業をすることで、稲わらを分解する菌が増え土壌の栄養価が高まり、甘みの強い米に仕上がるそうだ。また、田んぼから見える弥彦山も、美味しい米作りになくてはならない存在だ。暑さで稲がバテやすい夏場は、弥彦山が日差しを遮ってくれることで、気温の上昇を抑えてくれる。さらに、弥彦山が壁となり風を防いでくれるため、稲が倒れることなくすくすくと育つ。そんな弥彦村産の米は、「お米の味が濃厚で美味しい」「もっちりと弾力のある食感」と、多くのファンから喜ばれている。

  • 農業法人やひこ
  • 農業法人やひこ
  • 農業法人やひこ
  • 農業法人やひこ

生産者紹介

代表:信田悠太朗
代表信田悠太朗

高校卒業後、新潟食料農業大学食料産業学部に入学。在学中は、土壌環境ごとに変わる米の生育について研究していた。卒業後、祖父が立ち上げた「農業法人やひこ」を引き継ぎ、就農。現在は、特別栽培米をはじめ、農薬や化学肥料を抑えた米作りに力を入れている。「弥彦村の米農家さんが減っている現状を知り、なんとかしたいと思って就農しました。地元の農業をさらに盛り上げていきたいですね!」と、弾ける笑顔で語ってくれた。

店舗詳細

店舗名称 農業法人やひこ
住所 新潟県西蒲原郡弥彦村大字村山756