新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」12月のプレゼント

新潟市西蒲区にて、さまざまな品種のぶどうを栽培する果樹農家。有機肥料で育てた果汁たっぷりのみずみずしいシャインマスカットは、リピーターからの人気が高い。

越乃又蔵ぶどう園 シーズンになると、ぶどう狩りで大賑わい

こだわりの有機肥料で育てる、高品質なぶどう

新潟市西蒲区の「越乃又蔵ぶどう園」は、1972年から続く果樹農家。ぶどうやル・レクチェ、キウイフルーツなどを栽培している。中でもぶどうの種類が豊富。種なし皮ごと食べられる人気のシャインマスカットをはじめ、巨峰、オリンピア、ゴルビーなど、10品種以上にわたる。どれも果汁たっぷりで、とてもジューシー。市内はもちろん、市外や県外からのリピーターも多く、「又蔵さんのぶどうは一度食べたら忘れられない!」と大好評だ。美味しさの秘密について2代目の小林直樹さんに伺うと、「有機肥料をたっぷり使っていることかなぁ。うちは家畜の発酵肥料を使っているんですよ」と笑顔で教えてくれた。家畜の発酵肥料とは、牛や豚などの肉を発酵させた動物性のもの。小林さん曰く、落ち葉や植物性の肥料よりも栄養素が多いそうだ。散布することで、土壌の中で活性化した微生物が有機肥料を分解。それにより生成された栄養素を果樹の根が吸収することで、美味しい果実が育つのだ。手塩にかけて育てた巨峰やロザリオは、ドライフルーツにも加工。健康食品や酒のアテとして、人気を集めているという。

手間を惜しまない、徹底した摘粒

越乃又蔵ぶどう園の美味しさの秘密は、肥料以外にもある。徹底した「摘粒」だ。食べごたえのある大粒の果実に育てるためには欠かせない作業である。摘粒とは、粒を間引くこと。まだサイズが小さいうちに、半分くらいまで減らすという。それにより、残った粒にたくさん栄養が行きわたり、一粒一粒が大きなサイズに育つそうだ。同園のぶどう畑の敷地面積は1.3ha。サッカーコートに換算すると、じつに2個分に相当する広さである。2代目の小林さんは、「畑の隅から隅まであるぶどうを、一房ずつ摘粒していくのは、めちゃくちゃハードですよ。でも、お客さんから『美味しかった。また食べたい』という声をもらうと、明日も頑張るか!って気合いが入るんですよね」と嬉しそうに語った。その栽培技術と品質の高さが認められ、2020年、「全国果樹技術・経営コンクール」において農林水産省生産局長賞に輝いている。

  • 越乃又蔵ぶどう園
  • 越乃又蔵ぶどう園
  • 越乃又蔵ぶどう園
  • 越乃又蔵ぶどう園

生産者紹介

2代目:小林直樹
2代目小林直樹

新潟市西蒲区にて、米農家の長男として生まれる。初代が稲作から果樹栽培に路線変更したタイミングで、2代目として就農。もともと農家には興味なかったと語るが、果物の栽培に取り組む中でその奥深さを知ったという。中でもシャインマスカットの栽培には力を入れており、納得の品質にたどり着くまでに10年かかったそうだ。「応援してくれるお客さんがいるから頑張れます。『今年も宝石箱を楽しみにしています』という年賀状をもらった時は嬉しかったですね」と笑顔を見せた。

店舗詳細

店舗名称 越乃又蔵ぶどう園
住所 新潟県新潟市西蒲区小吉1757