新潟直送計画からのお知らせ

重要:土曜定休化および営業時間変更のお知らせ

三共化研はメッキ加工を主に手掛ける町工場。洋食器加工の町「燕市」において、仕上げや防腐食を手掛け、長く安心して使える高品質な商品づくりを下支えしている。

三共化研 大きな鉄骨から小物まで幅広い製品をメッキ加工できる

メッキ加工の高い技術を持つ町工場

三共化研は、日本屈指のものづくりの町「燕市」にある金属メッキ加工の会社だ。小さな工場ならではの機動力を活かした「小ロット加工」が強みで、なんと1個からの加工依頼も請け負っているという。燕市は、洋食器生産を中心とするステンレス加工を主とする町。近年は、試作品や高品質少量製造の商品づくりにも力を注いでいる。小ロット製造に対応できる三共化研は、多くの地元企業から厚い信頼を集めているのだ。そんな三共化研が創業したのは、1986年設立のこと。当初は、小物のメッキ加工を手掛けていたが、現在は大型の建築金物のメッキ加工も手掛けるまでに成長した。メッキ加工・処理の方法は、ニッケルメッキ、酸洗処理など。さらに1991年からは、アルミ素材に施すアルマイト加工を開始。他にも、金メッキ加工を行っており、実に多彩な方法で加工を請け負うことができる。

ものづくりの町の技術の粋を集めた「玉盃」

さまざまなメッキ加工を手掛ける三共化研には、ひと際目を引く商品がある。それが、「鎚起銅器玉盃」だ。日本酒を注ぐと中心に「玉(ぎょく)」が浮かぶように設計された盃で、金色に輝く器と相まって非常に美しい。さらに、燕市の伝統工芸品「鎚起銅器」であることも特徴の一つ。鎚起銅器とは、1枚の銅板を打ち起こすことで形作る製品のことで、職人が一つ一つ手作りしている。また、鎚起銅器玉盃はメッキ加工・研磨も1点ずつ手作業で丁寧に行っている。そのため、世界に一つとして同じものはない逸品に仕上がっている。考案者の代表・小林進さんは大の酒好きで、「世界中の酒好きを驚かす酒器」を作りたいと思い、仲間と協力してこの玉盃の製造を始めたという。鎚器銅器は市川氏、研磨は小林工業、金メッキ加工は三共化研が担当。まさに、ものづくりの町「燕市」の高い技術力を結集させて作り上げた商品となっており、百貨店などでも大きな注目を集めている。

  • 三共化研
  • 三共化研
  • 三共化研
  • 三共化研

生産者紹介

代表:小林進
代表小林進

新潟市西蒲区出身。燕市の工業高校を卒業した後、一時は別の業界で働いたが、メッキ加工の最盛期といわれた1986年に三共化研を設立。社員に率先して自らの技術力を高めていいる。自社商品の玉盃を企画したのは、なにを隠そう小林さん自身。メッキに関する高い技術力はもちろん、深い知識がなければこの商品は完成しなかったという。また、三共化研において、1991年からはアルマイト加工をスタートさせた。小物のアルマイト加工を請け負える企業は全国的も稀。小さな工場ならではの機動力を活かし、県外の会社にもその実力をPRしている。

店舗詳細

店舗名称 三共化研
住所 新潟県燕市柳山1294-2
アクセス