• お米注文受付中!「28年度米」カテゴリページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • 豪雪津南 雪下にんじんジュースページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ
  • 「越後姫」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2017年度大型連休期間での営業スケジュールについて

樋口農園「南水」食べてみました!

今回の担当:谷
濃厚な甘味の「南水」が”樹上完熟”でさらに甘味凝縮!ギュッと詰まった果汁がじゅわーと口の中に広がります!今回の担当:谷

こんにちは!

秋の果物を代表する「梨」。
実は弥生時代には既に梨が食べられていたそう。

そんな古くから日本人に親しまれてきた梨ですが、
今回日本一の長さを誇る信濃川沿いに位置する加茂市で
梨を中心とした栽培を行っている「樋口農園」さんの「南水」という梨を頂きました!

梨

こちらが南水。

大きさに関しては「新高」という品種が一番大きいですが、
この「南水」もサイズが大きめの品種です。

梨

パッと見、ソフトボールくらいあるんじゃないか?
ってくらいの大きさ。

実際持ってみると手のひらに収まらないくらい。
中身が詰まっているためズッシリ重く、味には期待できそうです!

早速切ってみました!もう、食べるのが待ちきれない!

梨

梨

ここで私の我慢が限界に来てしまったので
早速ですが、皮をむいて切ってみました!

美味しそう…。

「南水」は他の品種の梨と比べて酸味が少なく、
糖度が高いため濃厚な甘味を感じることが出来る品種。

甘さには期待できそうですが、
その味はいかに……。

いざ、実食!

梨

まずは一口パクリッ。
んー!美味しー!!

梨独特のシャリシャリっとした食感。
その実に「ギュッ」と凝縮されたみずみずしい果汁が
じゅわーっと口の中に広がります。

そして「南水」の一番の特徴でもある「甘味」!
酸味が少ないので梨の持つ濃厚な甘味を
ストレートに味わうことができます。

この甘味は樋口農園さんのこだわりによるもの。

一般的には梨というのは完熟前に刈り取り、
生産されてから消費者まで届く日数で熟成させます。

一方樋口農園さんこだわりの「樹上完熟」は、
名前の通り樹の上で熟成、完熟状態まで過ごします。

そのため、梨本来の甘味やみずみずしさを
直に味わうことが出来るんです!

美味!ご馳走様でした!

樋口農園さんの梨「南水」、めちゃくちゃ美味しかった…。

梨

噛めば噛むほどに広がる甘味についつい食べすぎてしまいます。
写真の撮影を忘れて無意識にもう一個食べてしまいました(笑)

いや~、美味しいです「南水」!
食後のデザートに毎食出して欲しいくらい。

しかし梨に限らず果物全てに言えることですが
「旬」というものがあるんですよね。

この「南水」も9月下旬~10月上旬ということでもうすぐ販売終了!
残念だ…。

しかし樋口農園さんの梨は全部で5種類!

・幸水(8月中旬~8月下旬)
・豊水(9月上旬~9月下旬)
・南水(9月下旬~10月上旬)
・新高(10月中旬~11月上旬)
・新興(11月上旬~11月下旬)

どれも美味しいのできっと満足して頂けるはず!
「樋口農園さんの日本梨」ご注文こちらから!

とりあえず無くなる前に「南水」買っとこ。

このレポートに登場している商品

「樹上完熟」にこだわった選べる5品種!環境と人にも優しい梨作りを目指し、減農薬で栽培されています。加茂の樋口農園より直送!