「29年度新米」のページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ

新潟直送計画からのお知らせ

台風19号の影響による荷物のお届けについて(10月15日9時)

明治時代から新潟市にて鮮魚を卸してきた新潟中央水産市場株式会社。自らも小売店や飲食店を運営するほか、加工事業に取り組み、需要に合わせた新潟伝統の味を提供する。

新潟中央水産市場株式会社 新潟市中央区にある加工場。食品衛生管理方式HACCPの認証取得に取り組む

100年以上鮮魚を取り扱ってきた新潟中央水産市場

新潟中央水産市場株式会社は、1885年(明治18年)に初代社長の片桐寅吉が鮮魚問屋を開いたことから始まった歴史ある会社だ。法人として設立されたのは、1904年(明治37年)のこと。当時、新潟市唯一の鮮魚問屋であったという。現在は、新潟市江南区の中央卸市場内にオフィスを構え、水産物・魚介類の仲卸業を主な事業としている。日本海側近海にて獲れる鮮魚を主に取り扱っており、スーパーや飲食店、ホテルといった店に卸す。また、自らも新潟市万代島や都内の築地市場にて小売店を、新潟駅北にあるピア万代にて飲食店「港食堂」を運営している。中でも、地元の漁港から水揚げされた新鮮な魚を使った海鮮丼は、県民・旅行客双方に人気が高い。

新潟伝統の美味しい郷土料理を提供する

水産仲卸業を主事業とする新潟中央水産市場では、新潟市中央区に加工場を設け、鮮魚・魚介類の加工事業も営んでいる。主な商品は、魚の味噌漬け・粕漬けや、新潟ブランド「ヤナギガレイ」の一夜干し。さらに、自社ブランド製品の生産にも力を入れており、銀鮭・ブリ・ホタテの焼漬けを詰め合わせたセットは、御中元・御歳暮の定番商品として人気を集める。「焼漬け」は、三枚におろした魚を焼き上げた後、醤油だれに漬け込んだ新潟の郷土料理。すでに加熱処理してあるため、パックを開いてすぐに食べられとても便利だと、近年再度注目を浴びている。「このような新潟らしくも購入者の需要に合わせた商品を開発していきたい」と加工部課長の坂脇さんは語る。

  • 新潟中央水産市場株式会社
  • 新潟中央水産市場株式会社
  • 新潟中央水産市場株式会社
  • 新潟中央水産市場株式会社

生産者紹介

加工部課長:坂脇 慶
加工部課長坂脇 慶

新潟市東区出身。飲食店にて働いた後、2009年に新潟中央水産市場株式会社へ入社する。当初は、旬鮮市場「ピア万代」の前身となった「マルシェ」の出店を担当した。ピア万代の建設にあたってマルシェの開催が終了すると、鮮魚の加工部門へ移籍。全100アイテム以上を取り扱う中、3分の1程度のリニューアルを手がけた。商品企画を考えることに一番のやりがいを感じており、今後は、ニーズの高い手軽に食べられる商品を開発していきたいと語る。

店舗詳細

店舗名称 新潟中央水産市場株式会社
住所 新潟県新潟市江南区茗荷谷711
アクセス
営業時間 9:00~18:00
定休日 水・日・祝