• 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • お米注文受付中!「28年度米」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • 豪雪津南 雪下にんじんジュースページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2017年度夏季長期休業期間について

「ものづくりのまち三条」に工場を構える株式会社テーエム。多種多様な金物と向き合う環境の中で生まれる黒染め加工技術は、職人たちからの信頼も厚い!

株式会社テーエム 若手を中心に生み出される匠の技術

「ものづくりのまち三条」に工場を構える株式会社テーエム

ものづくりのまちとして知られる新潟県三条市で、金属加工業を行う株式会社テーエム。「三条の金物」といえば世界的にも有名で、卓越した技術を持つ職人が作る製品は、国内外を問わず高く評価されている。株式会社テーエムが主に行っているのが、表面に酸化皮膜を作り、金属を黒く加工する「黒染め加工」。鉄・銅製品の錆止めや光の反射を抑えるために施されるもので、生け花の剪定鋏やカメラの部品などに用いられている。株式会社テーエムでは、黒染め加工の技術を50年以上にも渡り磨き続けてきた。その高い技術は業界内でも有名で、ものづくり職人達からは厚い信頼を寄せられている。

全国でも珍しいステンレスの黒染め技術

業界内では評判の高い株式会社テーエムの加工技術。しかし、黒染め加工はあくまで製品の一部の加工を行う技術でしかなく、世間的に知られているものではなかった。代表の渡辺さんは黒染め加工の技術をもっと身近なものにし、多くの人に知ってもらいたいという思いから、黒染め加工を施した製品をブランドとして発信することを考える。そうして立ち上げたブランドが「玄(げん)」。玄は黒染めの黒という意味と、玄人(職人)という意味を込めて付けられた。ステンレス製のぐい呑み(おちょこ)やビアマグカップ、シェイカーなどに黒染め加工を行い「玄」仕様の製品として商品化。通常の塗装とは異なる独特の風合いが早くも評判を呼んでいる。
実はこのステンレスへの黒染め加工を施す技術は、とても珍しいもの。温度管理や処理時間など細やかな気配りが必要なため、技術の確立に4年以上もの歳月が掛かっている。塗装とは違い、染めた際の膜厚が薄いため、製品の寸法精度に影響がなく、美しいフォルムをそのままに染めることが可能。また、デニムのように色落ちの工程が楽しめるのも特徴の一つで長く付き合う程に味がでる。黒染め加工を施したステンレス製品の落ち着いた雰囲気は、特に大人の男性に喜ばれ贈り物としても人気が高い。
代表の渡辺さんは、自社ブランドの商品を個人のお客様に使ってもらえることが何よりの喜びだという。これからも技術の向上だけでなく“価値ある商品の提供”を目指し、自社商品の開発を積極的に行っていく。

  • ステンレスの黒染め製品 ステンレスの黒染め製品
  • 職人から支持される株式会社テーエムの黒染め加工 職人から支持される株式会社テーエムの黒染め加工
  • 製造工程 製造工程
  • 代表 渡辺竜海 代表 渡辺竜海
  • 黒染めぐい呑み 黒染めぐい呑み
  • 美しいフォルムと色 美しいフォルムと色

生産者紹介

代表:渡辺竜海
代表渡辺竜海

新潟県三条市生まれ。高校卒業後は音楽の専門学校へと進学し、ロックバンドのボーカルを務める。その後23歳で家業に入る。50年以上培われてきた黒染め加工技術の奥深さに惹かれ、次第に仕事にのめり込んでいく。30歳で株式会社テーエムの3代目に就任。黒染め加工をもっと多くの人に知ってもらうため、全国でも珍しいステンレスへの黒染め加工に着手する。4年の歳月を掛けて技術を確立し、自社ブランド「玄」を立ち上げた。ステンレス製のぐい呑み(おちょこ)やビアマグカップ、シェイカーなどに黒染め加工を行い「玄」仕様の製品として商品化。その落ち着いた風合いは特に大人の男性に人気がある。渡辺さんは金物のまちで多種多様な品物と向き合う環境の中、常に“価値ある技術の提供”を目指している。

店舗詳細

店舗名称 株式会社テーエム
住所 新潟県三条市金子新田丙967
アクセス
営業時間 8:00~17:00