「29年度新米」のページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ

新潟直送計画からのお知らせ

台風19号の影響による荷物のお届けについて(10月15日9時)

十日町市の個人農家「山本哲也」さんは、手作業を主体として肥料と農薬を一切使わない、古来の稲作に近い農法を実践。豊かな風味を感じられる「やまさん米」を提供する。

やまさん米 大自然の中で昔ながらの手植えをコツコツと実施

横浜から新潟へ。Iターンで農業に挑戦中!

「やまさん米」は、十日町市で稲作を行う山本哲也さんが丹精込めて作った米の名前。山本さんは、Iターンで新潟に辿り着き、農業に没頭している。以前は都心の総合重工業メーカーに勤めていたが、「一番身近な、自分の食べる物を作る仕事がしてみたい」との想いから、16年間働いた会社を退職。埼玉県での農業研修を経て、新潟県津南町へ移住した。米やにんじん、トマトを栽培したり、農作物加工品を手掛ける農業法人に5年間勤めた後、十日町市で独立。現在は、5反の田んぼを一人で、手作業で管理している。

自然の宝庫。十日町市の魅力

十日町市は、新潟県の南部に位置しており、山や川の豊かな自然に恵まれた土地。清津峡や美人林、棚田といった絶景スポットも数多く存在する。中でも、山本さんの管理する田んぼがあるのは、多くの棚田がある「松代地域」。棚田とは、山間部を始めとする傾斜地に、階段状に作られた水田のことで、稲が効率よく日光を浴びることができる。また、地形特有のミネラル豊富な雪解け水と、粘土質の強い土壌により、極上の米を育てることができるといわれている。この地域で育つ「やまさん米」も、「強い甘みと濃い旨味を味わえて美味しい」といった嬉しい感想を寄せられている。

古来の稲作に近づけた農法を実施

山本さんは、できることは手作業で行い、肥料・農薬は一切与えないという、古来の稲作に近い農法を実施している。土の栄養となるのは、収穫後に余る「稲わら」と「糠(ぬか)」のみ。土壌が持つ本来の力を引き出すために、余計なものは一切入れないという徹底ぶりだ。また、近年では珍しい手作業での田植えを行っており、苗1株1株に向ける深い愛情がうかがえる。細やかな手入れを受けた米はスクスクと育ち、年々食味を良くしている。「経験する」ということを大切に、できることを1歩ずつ。山本さんの挑戦は始まったばかりだ。

  • やまさん米
  • やまさん米
  • やまさん米
  • やまさん米

生産者紹介

山本 哲也
山本 哲也

横浜市出身。16年間勤めた総合重工業メーカーを退社し、農業の世界へ。「大きな商材を取り扱っていたため、その反対である細かな仕事がしたくなった。まずは、一番身近である食べ物を作ってみようと思った」と語る。前職を退社後は、埼玉県での農業研修を経て、新潟県津南町へ移住。米やにんじん、トマトを栽培したり、農作物加工品を手掛ける農業法人に5年間勤めた後、2016年に十日町市で独立した。「自然相手の仕事なため、上手くいかないことも多いが、しっかりと美味しい米が収穫できた時は本当に嬉しい」と笑う。挑戦は始まったばかりだが、今後はより高品質な米の安定した生産を目指していくという。

店舗詳細

店舗名称 やまさん米
住所 新潟県十日町市松代3617
アクセス