「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」6月のプレゼント

村上市佐々木集落で水稲を中心に農作物を作る農業組合法人せせらぎ。栽培方法にこだわる自社ブランド米「侍米」は、岩船産コシヒカリの中でも特に美味しいと評判。

農事組合法人せせらぎ 近隣農家が集結し法人化した「せせらぎ」

岩船地域を支える農業組合法人

農事組合法人せせらぎは、新潟県村上市岩船地域にある佐々木集落で米を中心に農作物の生産・販売を行っている。自然豊かなこの地域には、水質が良く、「平成の名水百選」にも選定されている清流「荒川」が流れている。佐々木集落では、平成19年に近隣農家で「農事組合法人せせらぎ」を設立した。法人名には、荒川のように「未来永劫、美しく流れ続ける組織であるように」との願いが込められている。組織化した後は、生産者の高齢化・若者の離農が進む佐々木集落の農業を支えている。食の安心・安全を第一に考えた栽培に取り組んでおり、平成21年には、JA岩船米生産対策協議会主催の品評会で「平成20年度生産高品質食味米優秀賞」を受賞した。

せせらぎのブランド米「侍米」

自然豊かな岩船地域で栽培されるコシヒカリは、魚沼産・佐渡産と並び、格別の美味しさを持つ「新潟三大コシヒカリブランド」として評価されている。農業組合法人せせらぎでは、岩船産コシヒカリの中でも、特に栽培方法にこだわった独自ブランド米「侍米(サムライス)」を提供。その特徴的なブランド名は、江戸時代、村上市で鮭天然増殖事業を成功させた誇り高き武士魂に由来している。水稲栽培にかける愛情はもちろんのこと、田んぼの土壌分析を徹底して行い、有機質堆肥を使用した土づくりを追求。また、化学肥料・農薬の使用は慣行の5割以下に抑えた上、収穫後は残留農薬・カドミウムの検査を実施することで、より安心して食べてもらえるような工夫をしている。

G-GAP認証取得の品質保障

平成29年にG-GAP認証を取得した農事組合法人せせらぎ。「G-GAP(Global GAP)」とは、ヨーロッパ発の世界共通ブランドで、食品安全・労働環境・環境保全に配慮した「持続可能な生産活動」を実践する優良企業に与えられる認証だ。現在では、世界120か国に普及する事実上の国際基準となっており、2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックでは、G-GAP認証が調達食材の基準になっている。認証取得には高い栽培基準をクリアする必要があり、2019年現在、新潟県内で認証を得ている団体はわずか6件となっている。せせらぎは、国際的にも安全とみなされた栽培方法を徹底した上で、「侍米」の販売を安定化させ、さらに販路拡大を目指している。また、新規就農者の受け皿となり、地域の若手農業者の憧れとなる生産組織となることで、地域の農業を活発化させていきたい考えだ。

  • 農事組合法人せせらぎ
  • 農事組合法人せせらぎ
  • 農事組合法人せせらぎ
  • 農事組合法人せせらぎ

生産者紹介

代表:松田 史和
代表松田 史和

村上市で生まれ、専業農家だった父を幼少期から見て育った松田さん。農業に対して後ろ向きな時期もあったが、父から背中を押され25歳で就農を決意した。当初は大豆の生産を行っており、平成19年に農事組合法人せせらぎを設立した。現在は代表理事を務めており、「良い品質の作物を作って消費者に喜んでもらえることが嬉しいし、スタッフや地域と共に頑張ることが楽しい」と語る。今後は、「侍米」をはじめとする美味しいお米を、より多く生産できるように努めていく。また、せせらぎの代表として、新規就農者の受け皿となり、若者が農業に参加しやすい環境を作ることを目標としている。

店舗詳細

店舗名称 農事組合法人せせらぎ
住所 新潟県村上市佐々木263番地
アクセス
営業時間 8:00~17:00
定休日 土、日、祝日