新潟直送計画からのお知らせ

2021年度7月の連休期間の営業スケジュールについて

燕市のロールケーキ専門店「ますださんちのミニ工房」。完全予約制・すべて手作りのロールケーキが大好評。長く地域に愛される店舗を目指している。

ますださんちのミニ工房 住宅街の中に佇む小さなロールケーキ工房

一から試行錯誤して作り上げたロールケーキ

燕市にある「ますださんちのミニ工房」は、2015年の創業以来、地域に愛されるロールケーキ専門店。生のロールケーキだけでなく、冷凍のカットロールケーキも販売している。もともと、菓子作りを趣味としていた代表の増田さん。家族や周りの知人から、手作りのロールケーキが美味しいと大好評だったことが、開店のきっかけだという。洋菓子店を始めるにあたって、通信制の製菓専門学校で学び、製菓衛生師の資格を取得した。開店以来、フードロスの削減をするために、完全予約制で生ロールケーキを提供している。また、イベント用に誕生した冷凍カットロールケーキは、急な予約でも購入できることもあり大好評。「この地域で長く愛される店づくりに、これからも励んでいきたい」と、増田さんは意気込んでいる。

美味しいと感じたものしか使わない、手作りロールケーキ

「ますださんちのミニ工房のロールケーキ」は、すべて増田さんの手作り。5つの定番フレーバーの他、季節に応じたフレーバーを数多くそろえている。ロールケーキに使う素材は、増田さんが実際に食べて、美味しいと感じたものしか使わないという。ロールケーキの生地に使う卵は、地元燕産の卵にこだわっている。また生地には、冷凍してもロールケーキのふんわり感を感じられる「ソワイユ」という小麦粉を使用。その他、あっさり・しっとり・ふんわりの美味しさ三拍子を出すために、生地の素材を厳選している。生地作りや焼き時間も季節に応じて微調整することで、一定の美味しさを出すように工夫している。素材からこだわったロールケーキは、一人一本食べられるくらいあっさり。その美味しさが好評を呼び、イベント出店の際は売り切れるほどの人気を呼んでいる。

  • ますださんちのミニ工房
  • ますださんちのミニ工房
  • ますださんちのミニ工房
  • ますださんちのミニ工房

生産者紹介

代表:増田綾子
代表増田綾子

長岡市出身。県内企業で事務系の仕事を経験し、結婚を機に燕市に移住した。旦那さんの仕事を手伝う傍ら、「ますださんちのミニ工房」を一人で切り盛りしている。ロールケーキ作りは、もともと趣味だったという増田さん。今までお菓子作りに携わったことがなかったため、開業まで5年間、美味しいロールケーキ作りを独学で試行錯誤していたという。「田舎のおばあちゃんが切り盛りするお饅頭屋さんのように、長く愛される存在にしていきたい」と増田さんは強く想いを語る。

店舗詳細

店舗名称 ますださんちのミニ工房
住所 新潟県燕市灰方556ー20