TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2018年度年末年始の営業スケジュールについて

日本で初めて誕生した野菜のグラススイーツ専門店。かわいい見た目と野菜本来の味が楽しめると話題です!

kall will store 女性の名前が付いた色とりどりのスイーツ達

日本初!野菜のグラススイーツ専門店「kall will store」

新潟県三条市にある日本で初めて誕生した野菜のグラススイーツ専門店。元々中華の料理人として働いていた店主の木村さんは、地元である三条市下田地区産の美味しいサツマイモを全国の方に知ってもらいたいとの考えからスイーツへの加工を始めた。近年その見た目から人気が出ているグラススイーツを地元三条市の野菜を使って製造・販売を行っている。Kall will storeという名前は、かわいい(kawaii)をたくさん(full)作っていくという決意(will)という意味で、多彩な野菜をかわいくおしゃれに加工して提供している。2010年のオープン以来、女性に視覚と味覚で楽しでもらえる美味しいスイーツを展開するkall will storeでは、お客様1人1人の気持ちに共感することを大切にしている。一方的に商品を作り続けるのではなく、お客様との会話をヒントに、お客様に愛され続けるお店を目指している。

女性をイメージしキャラクター設定されたスイーツ

Kall will storeのスイーツには全て女性の名前とキャラクター設定があり、一番人気のスイーツであるJEANA(ジーナ)は、サツマイモとクランベリーを使用して、優しくて芯の強い女性をイメージして作られている。糖質ゼロの甘味料「エリスリトール」を使用することで砂糖を使わずに野菜が持っている本来の甘さを生かしたスイーツは女性にも大人気だ。その他にも、アレルゲンフリーのAYA(アヤ)、秋限定のSamantha(サマンサ)、チアシードを使ったMARIA(マリア)など、個性的なグラススイーツが並ぶ。また、お客様の要望に応じてオリジナルデザインのグラススイーツも手掛けている。

料理の分野以外でも地域を盛り上げていく

現在、グラススイーツのキャラクターデザインを高校生と一緒に行うなど、地域との関わりも大切にしている。また、料理以外の観点からも地域を盛り上げていきたいとも考えている。店主の木村さんは、元々絵を書くことが好きだったこともあり、地元下田村が舞台となった絵本を製作中で、これまで作ってきたグラススイーツのキャラクター達が登場する。その他にもグラススイーツをイメージした洋服も製作する予定だ。地域やファッションの分野まで巻き込むkall will storeから今後も目が離せない。

  • kall will store
  • kall will store
  • kall will store
  • kall will store
  • kall will store

生産者紹介

代表:木村智
代表木村智

新潟県三条市下田地区出身。高校卒業後は長岡市の調理師専門学校を経て、新潟市の中華料理店で勤務。次第に地元の野菜を使った料理をお客さんに提供したいと思うようになり起業を決意。野菜嫌いな子供たちにも食べてもらいたいと、現在の見た目や味にこだわった手作りスイーツのお店「kall will store」をオープンする。1つ1つ手作りで作り上げるため手間のかかる作業だが、お客様の要望をカタチにして喜んでもらえることが何より嬉しいという。アレルギーのお子様を持つお母さんからの要望で生まれた「AYA」は牛乳、卵、小麦、大豆をカットしたアレルゲンフリーのグラススイーツで、名称もそのお子様の名前からつけた。お客様の声を大切にするkall will storeならではのスイーツである。絵を描くことが昔から好きだったこともあり絵本を作成中で、料理以外の観点から地域を盛り上げていきたいと考えている。

店舗詳細

店舗名称 kall will store
住所 新潟県三条市林町1-18-6
アクセス
営業時間 10:00~17:00(売り切れ次第クローズ)
定休日 毎週月曜日・火曜日・第1水曜日・第3日曜日