新潟直送計画からのお知らせ

「和梨」の予約受付が始まりました

パスタを看板商品に掲げる長岡市のレストラン。カニの切り身が豪快にのった「渡り蟹のトマトクリームパスタ」は、濃厚かつスパイシーな味わいが人気を集めている。

EUNPリストランテ 地元食材を使ったメニューが人気

個性豊かなパスタが人気のレストラン

長岡市のEUNP(イーユーエヌピー)リストランテは、パスタを看板メニューに掲げるディナー営業のレストラン。希少な山古志産にいがた和牛を贅沢に使った「幻のボロネーゼ」や糖度の高いトマトがたっぷりの「スイートトマトパスタ」など、個性豊かなメニューがずらり。中でも一番人気は、「渡り蟹のトマトクリームパスタ」だ。渡り蟹の旨味溢れるトマトクリームパスタの上に、切り身がのった豪華な一品。代表の飯濵祐介さんは、「クリームパスタは飽きやすいので、食べ飽きしないように複雑な味わいに仕上げました」と、語る。クミンやフェンネルで風味を出し、唐辛子を加えてスパイシーに仕上げているという。食べた客からは、「カニの旨味が濃厚」「スパイシーな風味がクセになる」と、大好評だ。ところで、気になるのは店名。もともとは「EUカフェ」という名のカフェだった。「EUは私の昔のあだ名です。飯濵祐介の頭文字ですね」と、飯濵さん。2020年にお店の形態がレストランに変わった際、長岡の「N」とパスタの「P」が加わり、「EUNPリストランテ」になったという。

重量300g!地鶏のジャンボハンバーグ

人気メニューはパスタだけではない。山古志産にいがた和牛を使用した料理の数々など、肉料理にも定評がある。コロナ禍による生産者・業者支援をきっかけに開発した新名物の「長岡花火三尺玉ハンバーグ」は、新潟県のブランド地鶏「虎千代鶏(とらちよまる)」をふんだんに使ったハンバーグだ。飯濵さんは、「鶏肉のハンバーグってめずらしいですよね。お店でも人気なんですよ」と、語る。胸肉を粗挽きにすることで食感を出しているという。なんといっても驚くのは、そのボリューム感だ。メニュー名にもある「長岡花火」は、日本三大花火大会の一つ。名物花火「三尺玉」が300kgあることにちなんで、ハンバーグの肉の量が300gもある。飯濵さんは、「ボリュームがすごいんですが、鶏肉は牛肉や豚肉に比べて脂が少ないので罪悪感がないんですよね」と、笑う。リピーターからは、「食べごたえ満点」「さっぱりしているからペロリです」と、好評を得ている。

  • EUNPリストランテ
  • EUNPリストランテ
  • EUNPリストランテ
  • EUNPリストランテ

生産者紹介

代表:飯濵祐介
代表飯濵祐介

長岡市栃尾出身。専門学校でインテリアについて学び、卒業後は新潟市のアンティークショップに就職する。「学生時代は飲食店でアルバイトをしていました。その経験も活かしてインテリアにこだわったお店を開きたいと思い始めたんですよね」と、振り返る。そこで、地元に戻り、2013年に「CASUAL DINING EU Cafe」をオープン。2020年には「EUNPリストランテ」としてリニューアルオープンし、パスタを中心にしたメニューを提供している。「地元である長岡市栃尾の食材を使用した料理や、お酒を楽しんでほしいです」と、笑顔を見せた。

店舗詳細

店舗名称 EUNPリストランテ
住所 新潟県長岡市0258ー77ー3815