新潟直送計画からのお知らせ

2021年度7月の連休期間の営業スケジュールについて

お酒と一緒に味わえるこだわりの手作り餃子を提供する「餃子日和わらん」。バラエティに富んだ、さまざまな餃子を楽しめると好評の人気店だ。

餃子日和わらん 県内に4店舗を構える餃子居酒屋

お酒に合う「おつまみ餃子」を提供

2008年に創業した、餃子居酒屋「餃子日和わらん」。現在では、三条店・県央店・吉田店・新潟西店の4店舗を構える人気店だ。「お酒と一緒に楽しむ」をコンセプトにした手作り餃子を、常時10種類ほど取り揃えている。定番の「わらん餃子」のほか、大葉餃子・納豆餃子・キムチ餃子など、おつまみにぴったりのラインナップ。季節によって牡蠣餃子やいくら餃子など、期間限定メニューが登場することもあるという。餃子だけでなく、新潟で採れた旬の野菜や海産物を使ったコース料理も好評だ。社長の山本さん自ら市場で仕入れてくるという、こだわりの食材を味わえる。

「わらん」ならではの餃子作り

社長の山本さんは、お店をオープンする際に全国各地さまざまな餃子を食べ歩いて研究したという。「餃子日和わらん」の餃子は、皮から餡まですべて店内で手作り。もちもち食感がたまらない自家製の皮は、北海道産小麦粉と熱湯を5対5で混ぜ合わせる。機械を使用せずに一枚一枚手作業で丁寧に伸ばす。さらに中の餡に使用する豚肉は、愛媛産の豚バラ肉と新潟産の豚ひき肉をブレンド。豚バラ肉は一度焼いてから刻んで餡に入れることで、食感の違いを楽しめるように工夫している。

  • 餃子日和わらん
  • 餃子日和わらん
  • 餃子日和わらん
  • 餃子日和わらん

生産者紹介

代表取締役:山本昌弘
代表取締役山本昌弘

東京都多摩市出身。元プロスノーボーダーだという山本さんは、仕事の関係で新潟へ移住。現役引退後は、もともと興味のあった飲食の道へ進むことを決意する。新潟の居酒屋チェーンで店長を経験したのち、自分の店を持つために独立。「当時、新潟に無かった餃子がメインの居酒屋を作りたい」と、2008年に「餃子日和わらん」をオープン。その後、県内に4店舗を構える人気居酒屋に成長させた。「地産地消をテーマに、新潟の豊かな食材を活かした料理を提供していきたい。変わらない味と新しい味が共存する居酒屋を目指しています」と山本さんは熱意を見せてくれた。

店舗詳細

店舗名称 餃子日和わらん
住所 新潟県三条市東裏館2-1-27