新潟直送計画からのお知らせ

【期間限定】旬の食材を500円引き!てのひら新潟フェア

南魚沼市にある人気イタリアンレストラン。自社オリジナルブランドの塩沢産コシヒカリ「金城米」は、お店の人気メニュー「ビーフカレー」と相性抜群との評判を得ている。

バレーナストア 2020年にオープンした2号店「バレーナ塩沢国道店」

南魚沼市きっての人気イタリアン「レストラン バレーナ」

バレーナストアを運営する、「レストラン バレーナ」は、南魚沼市にある人気イタリアンレストラン。南魚沼市屈指の人気スキー場「石打丸山スキー場」にて、1996年にオープン。冬のシーズンには、県内外問わず多くのスキー客で賑わっている。現在では、冬のシーズンのみ営業する本店のほか、2020年にオープンした2号店を運営している。メニューの中で、一番人気なのが「ビーフカレー」。その特徴は、ごろっと入った牛肉と、野菜やブイヨンをじっくり煮込んだ、コク深いルー。じっくり炒め、煮込んだ野菜の甘さが際立つ欧風カレーで老若男女問わず好評だ。その他のメニューも、一つ一つ厳選した食材を使用しており、注目のイタリアンである。

レストランのオーナーが作る塩沢産コシヒカリ「金城米」

「レストラン バレーナ」の代表・吉澤さんは、農家の一面も持ち合わせ、現在、コシヒカリ・そば・スイカを栽培している。農業に従事するにあたり、天候に左右される仕事のため、稲を育てる難しさがあり、常に試行錯誤の繰り返しだそう。「この恵まれた産地で米作りができることは、幸せであり、自然との共存である。美味しい米であり続けるため、日々反省と研究、妥協せず努力しています」と、想いを語る。生産したコシヒカリは、レストランのご飯として提供。特に、ビーフカレーと相性抜群とのことで、好評を得ている。

  • バレーナストア
  • バレーナストア
  • バレーナストア
  • バレーナストア

生産者紹介

代表:吉澤幸夫
代表吉澤幸夫

南魚沼市出身。高校卒業後に料理の道へ。現在、イタリアンレストランを営んでいるが、元々、和食の世界で修業していたという。関東の飲食店や、地元のホテルで経験を積んだのち、独立。焼肉店の経営を経て、1996年に石打丸山スキー場内にて、「レストラン バレーナ」をオープンさせた。焼肉店時代に、イタリアンの料理人と働いており、その人からイタリアンについて学ぶ。お店のオープン後も、県外のイタリアンレストランへ修行に行くなどし、腕を磨いてきた。1998年からは、稲作を開始。冬は料理人、春から秋にかけては農業と、二足の草鞋で、食について日々追求している。

店舗詳細

店舗名称 バレーナストア
住所 新潟県南魚沼市枝吉234-1