新潟直送計画からのお知らせ

「#新潟直送計画で買ったよ」5月のプレゼント

天然温泉と美味しい食事が自慢!日帰り温泉併設の「道の駅」。豊かな自然の中で、日頃の疲れをリフレッシュできるスポットとして、多くの家族連れが訪れている。

道の駅 ちぢみの里 気軽に立ち寄れる、自然豊かな癒しの空間

自然の中にある地域交流センター。温泉併設の「道の駅」

雪国新潟の中でも、有数の豪雪地帯として知られる小千谷市。雪国ならではの豊かな自然を、気軽に楽しめるのが、日帰り温泉が併設された道の駅「ちぢみの里」だ。とろりとした泉質が自慢の天然温泉は、ややぬるめの温度であり、1年を通してのんびりと浸かっていられる。夏は青々と輝く木々が、冬は美しい雪化粧が、日頃の疲れを癒してくれる。入浴後の楽しみといえば、やはり美味しい食事だろう。鶏の唐揚げやラーメンなど、家族連れに嬉しいメニューはもちろん、小千谷市の名産品「へぎそば」も楽しめる。へぎそばは、「ふのり」と呼ばれる海藻をつなぎにした、つるりとした食感のそば。ちぢみの里ではオープン当初より、老舗・岩藤屋のへぎそばを提供している。岩藤屋のへぎそばは、ちぢみの里でしか味わえない。豊かな自然の中で楽しむ、天然温泉と美味しい食事は格別と人気を集めている。

芯まで温まった身体に染みる「笹だんごアイス」

新潟名物の一つに「笹だんご」という和菓子がある。笹だんごとは、ヨモギを練り込んだ餅で餡子を包み、笹の葉に包んだ和菓子のこと。もっちりとした食感と、餡子の上品な甘さが、笹だんごの美味しさだ。「笹だんごアイス」は試行錯誤の末に、ヨモギのアイスに粒状の餅と餡子を絡めることで、笹だんごの味と食感を再現することに成功して生まれた。食感には特にこだわっており、餅は冷やしても固くならないものを厳選。アイスや餡子とのバランスを考え、餅の粒一つ一つの大きさまで計算し尽くされている。一口頬張れば、ヨモギの爽やかな香りと、餡子の上品な甘みが口いっぱいに広がる。温泉で温まった後に食べるのが最高で、土産品としても大人気だ。

  • 道の駅 ちぢみの里
  • 道の駅 ちぢみの里
  • 道の駅 ちぢみの里
  • 道の駅 ちぢみの里

生産者紹介

センター長:佐藤勝義
センター長佐藤勝義

2018年に、ちぢみの里センター長に就任。「笹だんごの味をそのまま再現したい」と、就任当初より笹だんごアイスの開発を続けてきた。試行錯誤の末に生まれた笹だんごアイスは、湯上りのデザートとしてもお土産としても大人気となった。ちなみに、お土産用の笹だんごアイスに描かれたキャラクターも、佐藤センター長がデザインしたものだ。2人のキャラクターは「ちぢみちゃん」と「つむぎくん」と名付けられ、笹だんごアイスのカップだけでなく、ちぢみの里のマスコットとしても活躍している。

店舗詳細

店舗名称 道の駅 ちぢみの里
住所 新潟県小千谷市ひ生1670-1
アクセス