TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
「イタリアン」商品ページへ
5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
「日本酒」商品一覧ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2019年度夏季長期休業期間について

新潟県産小麦・天然酵母にこだわり、ふんわり食感と豊かな風味のパンを手掛ける本格パン工房。店頭には毎日100種類以上のパンが並び、訪れた人を視覚的にも楽しませる。

石窯焼きパン工房 麦の詩 新潟市東区の中心部にある店舗。毎朝8時のオープンから多くの人が訪れる

新潟産の小麦にこだわる本格パン工房

「石窯焼きパン工房 麦の詩」は、新潟市東区にて2009年にオープンした人気のベーカリーだ。江南区にある製麺会社「丸栄製粉」が、地産地消・6次産業化に取り組む一環として運営している。グループ農場のマルエイファーム株式会社が生産する小麦を、丸栄製粉にて製粉し、麦の詩にてパン加工する。小麦の品種は、寒冷地の新潟県でも伸びやかに成長する「ゆきちから」。たんぱく質を多く含み、パン作りに使う強力粉を作るのに適している。この小麦粉から作ったパンは、ふんわりとした仕上がりが特徴。風味には透明感があり、副材料の味わいを引き立ててくれる。麦の詩はこのパンを、毎日100種類以上店頭に並べている。最も人気の高い商品は食パンとカレーパンで、朝8時のオープンから飛ぶように売れていく。特にカレーパンは、店内にてカレーを仕込んだこだわりの一品。大振りにカットした牛肉がゴロゴロと入っており、たまらない美味しさだ。

パン作りを通じて地域に貢献する

麦の詩のモットーは「お客様の要望に100%応える」こと。大量注文の相談や、食育への協力依頼・「お客様が食べたいパン」を商品化するなど、さまざまな希望を叶え続けている。地域の保育園からの要望で「子どもたちの考えたパン」を作ったこともある。園内にて飼育している犬の顔をかたどったパンに、子どもたちは大喜びしたという。店主催のイベントとして、食べてみたいパンを短冊に書いてもらう「七夕夢パンコンテスト」を開催した際は、一般の人から2商品、保育園から4商品が採用され、実際に商品化・販売された。 また、地産地消にも積極的に取り組んでおり、地域食材を使ったさまざまな新商品を開発。村上牛を使ったメンチカツバーガーやカレーパンを始め、地元メーカーの醸造する醤油を混ぜ込んだデニッシュクリームパン、地域野菜をふんだんにのせた惣菜パンなどを作ってきた。他にも、酒粕や甘酒、味噌などを材料に使ったパンも販売。定期的に登場する新商品を楽しみに、店へ訪れる人も多い。

  • 石窯焼きパン工房 麦の詩
  • 石窯焼きパン工房 麦の詩
  • 石窯焼きパン工房 麦の詩
  • 石窯焼きパン工房 麦の詩

生産者紹介

店長:青野泰之
店長青野泰之

新発田市出身。食品業界に長く携わり、2016年に「石窯焼きパン工房 麦の詩」の店長へ就任。大手百貨店にてイベント業務を担当していた経験があり、店を盛り上げるさまざまな施策を打っている。パンという手軽に食べられる食品を通じ、原材料を生産する作り手のこだわりを知ってもらいたいと考え、地域食材を積極的に使用。地域住人の要望を叶えることにも注力している。スタッフには自らの仕事に誇りを持ってもらいたいと思い、新商品の提案といった発言の場を設ける。

店舗詳細

店舗名称 石窯焼きパン工房 麦の詩
住所 新潟県新潟市東区新松崎1-7-19
アクセス
営業時間 平日:8:00~19:00
土日祝:7:00~19:00
定休日 火曜日