• お米注文受付中!「28年度米」カテゴリページへ
  • 5回の皇室献上!「へぎそば」カテゴリページへ
  • 「日本酒」商品一覧ページへ
  • 「イタリアン」商品ページへ
  • 「水産物・水産加工品」商品一覧ページへ
  • 豪雪津南 雪下にんじんジュースページへ
  • TV放映で注文殺到 「栃尾の油揚げ」商品ページへ
  • 「ふふふ」の商品ページへ
  • 「越後姫」の商品ページへ

新潟直送計画からのお知らせ

2017年度大型連休期間での営業スケジュールについて

美味しいものの宝庫「佐渡ヶ島」のこだわり農家!美味しい水と空気に恵まれて、自然にも優しく安全で安心なものを育てる農家さんです!

株式会社 ホンマライス

自然に優しい農家です

新潟県の離島、佐渡市新穂地区でコシヒカリやこしいぶき、そして新潟県のブランドいちご「越後姫」の栽培を行う(株)ホンマライス。トキの順化施設が近くにあり、集落内の水田もトキの餌場となっている。モットーは自然に優しく安全で安心なものを育てること。「生き物と人が共生できる環境で育てた作物は安心して食べられる。そして、手間を惜しまず世話したものは美味しさを提供できる。」若くして、心機一転帰郷し、家業の農業を継いで会社を立ち上げた本間さんの求める農業の理想は高い。佐渡市では地産地消が推進されており、対馬海流の影響による温暖な気候と大きな山脈がもたらす美味しい水と空気に恵まれて美味しい作物が育つ。その美味しさを存分に引き出し、より多くの人にも味わってもらうため、工夫を凝らして農業に取り組んでいる。

佐渡の大地のエネルギーがつまった「越後姫」

本間さんが越後姫の栽培を始めた理由、それはズバリ「美味しいから!」。自分が大好きな越後姫ならやり甲斐が感じられ、楽しいだろうと思ったのがきっかけだ。作るならどこにも負けない絶品のいちごを育てたいとの思いから行き着いたのが「土耕栽培」。いちごの栽培では地面から離れた高い位置にプランターを設置して栽培する「高設栽培」や「水耕栽培」が主流。しかし、いちごは気候や栽培方法の違いが味に出やすいことと、絶品の美味しさを求める中で本間さんは迷わず「土耕栽培」だ!と決めたのだ。早速「土耕栽培」でいちごを育てる農家で修行させてもらい、ノウハウを学んだ。「佐渡の畑の土は栄養が流れにくい赤土だ。これは甘くて美味しい良いいちごが出来るぞ。」師匠も認める素晴らしい佐渡の大地ですくすく育った「越後姫」は本間さん自身も驚きの美味しさだ。土作りでは、堆肥や米ぬか等、佐渡産のものにこだわって使っている。佐渡の大地のエネルギーがギュギュッと詰まった絶品「越後姫」。しっかりした果肉から溢れる濃厚な甘さは大地に根を張って育ったいちごだからこそ味わえる美味しさなのだ。一口食べれば手が止まらず、口の中いっぱいに広がる濃厚な甘さといちご特有の香りに病みつきになること間違いなし。

  • 株式会社 ホンマライス
  • 株式会社 ホンマライス
  • 株式会社 ホンマライス
  • 株式会社 ホンマライス
  • 株式会社 ホンマライス
  • 株式会社 ホンマライス
  • 株式会社 ホンマライス

生産者紹介

本間進
本間進

新潟県の離島、佐渡ヶ島で農業を営む(株)ホンマライスの本間進さん。以前は島外で会社員をしていたが、実家の農業を継ぐため、心機一転帰郷して会社を立ち上げた。一見控えめに見える本間さんだが、美味しさと自然に優しい栽培方法に情熱を注ぐ熱い生産者だ。

コシヒカリを主に栽培しながら、越後姫の美味しさに惹かれ、「より美味しいいちごを作りたい!」と佐渡では希少な土耕栽培に取り組む。 「佐渡の大地の力をふんだんに取り込んだいちごは本当に美味しいんです。この美味しさを海を越えて届けたいんです。」本間さんの思いは強い。

まだ小さい本間さんの息子さんも本間さんの育てたいちごが大好きだそう。「いちごを食べた時のこの笑顔があるから頑張れます。」家族と佐渡といちごを愛する注目の若手農家さんだ。

店舗詳細

店舗名称 株式会社 ホンマライス
住所 新潟県佐渡市新穂潟上甲12番地1
アクセス